2次元世界の日常

 アニメ・マンガ・ドラマ・映画などの2次元の世界では、我々の住む3次元世界とは異なる法則が働いています。物理法則や確率の法則を無視した現象(「お約束」などと呼ばれます)が頻繁に起きるのです。ここはそうした2次元世界の法則を発見しようというコーナーです。昔、『ファンロード』のハシラであった「○○の法則」のようなものとお考えください。
 なお、ここに挙げたのはあくまで「一般的によく見られる傾向」にすぎません。例外もしばしばあることをお断りしておきます。

キャラクター アイテム 舞台装置 シチュエーション バトル
主要人物 武器 建物・場所 日常の出来事 前哨戦
血縁関係 乗り物 仕掛け 冒険とアクシデント 戦闘中の会話
人間関係 小道具 風景・風物詩 危機一髪 バトルの果てに
一般市民 ファッション 天体現象 病気と負傷
職業 新発明・超技術 イベント・風物詩 魔法と超能力
悪人たち 科学用語 ジャンル別傾向
人間以外 台詞
組織・団体
出身地別
動植物

 このコーナーは以下の方々の投稿で構成されています。ただし、ネタを面白くするために一部変更を加えたものもあります。ご了承ください。

ネタ提供(あいうえお順・敬称略)
あず/アボガド/アリスとテレス /亜留間次郎/いぎたなし/異次元放浪者/1本だたら/井上晃宏/鰻田社会科雄/エイリアンQ/Echo(えこー) /エレキングゲイナー/エロの冒険者/おがくず/オーくん/おにい/笠原和義/カスガ/河村/北長六功/gallery/くぼた@心はいつも、傷つきやすい十代の少年/KURZ/黒川/黒騎士/K-960/ケパサ/研究所員/言霊師/Coreander/サタンの瓜/佐野とよふさ/塩田多弾砲/G−MAC/十一郎/GIN/じんひろし/しんや/スイフリエ/枢斬暗屯子/そりとん/だぁく・はんど/たけ/タケチャン大佐/男爵/だんぼーる/地学屋/ちくまく/チャイニーチャイニー/散散満/珍奇郎/tool/ 丁卯 /TAKE2/D=ハッカー/鉄人初号機/トイペット/通りすがり/Dr.マカーブル /tom-ud /取手呉兵衛/都山/ないしょ/七つ星/にふぁりす/ニャート/ノライヌ/のららいおん都山/パリの人喰い鬼/非国民パワー/光る/ビッグ・ガメラ/びーの/ひのひろ/ひろ/ピンクの河馬/ふぁい/FINAL/武悪飴/風来太郎/ぶちネコ/腐乱す猿の狂授/ベス・ポジ/べんめりあ/ぽじとろん/増田光紀/mai/真鳥X /マジルテ/まるは/まるふぁす/みみず寿司/みねまる/眠田直/めかちゅーん/めがんて野郎/夜帆/山本弘/夢浦忍/幼女キャプターわらべ/ヨコヤマ/ヨ太郎/らかい/ラスティーム/流星/ロディマス・ごんべい/WASHA/藁藁

キャラクター

主要人物

主人公
・姓か名かどちらかが非凡である。
・中には「親は何を考えてこんな名前つけたんだ?」という珍名もある。

5人のチーム
・なぜかメンバーの名前に共通点(色の名、星の名、食べ物の名、数字など)がある。

女の子だけのチーム
・主役はドジでオバカだが元気が取り得。変な名前であることが多い。
・その他のメンバーは、「主役にいつもつっかかってくる気の強いお嬢様」「クールなお姉様」「力自慢の姉御」「ボーイッシュなスポーツ少女」「無表情な綾波タイプ」「陽気な関西弁娘」「ちょっと内気なメガネっ娘」「元気なチビスケ」の中から選出すること。

ファンタジーもののパーティ
・主人公は勇者を目指す若き剣士。もしくはボーイッシュな美少女剣士。
・その他のメンバーは、「ややひねた盗賊」「エルフ、または人間の美少女」「気難しいドワーフのオヤジ」「信心深い僧侶」「浮世離れしているが学問に通じた魔法使い」「老人の賢者」「古強者の傭兵」「子供っぽい性格のホビット(ハーフリング)」の中から選出すること。

学生(男子)の主人公
・成績は悪い。
・美人で成績もいい女子(クラス委員長とか)に好意を寄せられている。
・主人公はそれに気づいていない。

学生(女子)の主人公
・成績は悪い。
・美形でかっこいい男子(運動部のエースとか)に好意を寄せている。
・相手はそれに気づいていない。

若くてきれいな女性
・物語開始時点における「彼氏イナイ率」は異様に高い。

一人暮らしをしている内気な少年
・かわいい女の子(非人間・複数)が押しかけてくる。

複数の女の子に好かれる少年
・少女の数や思われ具合は、その男の情けなさに比例する。

変身ヒーローorヒロイン
・コスチュームを着ていれば、素顔をさらしていても正体がバレることはない。

古代文明人の血を引く人物
・初めてみる古文書等を、予備知識もなくスラスラ読み解く。
・古代遺跡に近づくと遺跡の機能が復活する。
・世界征服を企む人物に追われている。

ドジっ子
・料理で砂糖と塩を間違える。
・掃除をすると何かを壊す。
・荷物を運んでいると床にぶちまける。
・道を歩いていてぶつかった電柱に謝る。
・ケーキを作ろうとして焦がす。
・髪はピンクであることが多い。

いやな奴のように見えて実はいい奴
・雨の中で捨て犬(or捨て猫)を拾うところを目撃される。

大富豪の御曹司
・言動がいちいちオーバーである。
・思いを寄せている少女は主人公に夢中で、彼には目もくれない。

坊主頭のキャラ
・概して怪力である。

ふだんはおしとやかな女性
・車を運転すると、とたんにものすごい暴走運転をする。

三石琴乃が声を当てているキャラ
・料理が下手。

無表情で口数の少ない女の子
・人並みはずれた何らかの能力を持つ。
・主人公とつき合ううちに笑顔を取り戻す。

ホラー小説の語り手
・日常の出来事をすべて記憶し、異常なまでに詳細な日記をつけている。
・身辺に危険が迫っていても日記を書き続ける。

なぞの転校生
・授業で突然指名された問題を、必要以上にすらすら解答する。
・解答の際、教師の間違いを指摘すればなお良し。

血縁関係

顔の怖い脇キャラの妹
・妹がいると知って、兄そっくりの顔を想像して笑う主人公たち。
・しかし実際に会った妹は美少女だった。

男女の双子

・二卵性にもかかわらず、服を取り換えれば気づかれないぐらいよく似ている。

性格の優しい弟or妹
・二人きりの兄弟であっても、兄を「○○兄さん」と、名前+「兄さん」で呼ぶ。

血のつながらない妹
・たいてい強度のブラコンである。

血のつながっている姉
・弟または妹に人権を認めていない。

覆面(仮面)で顔を隠した謎のサブキャラ
・レギュラーの誰かの親か兄である。
・視聴者は「声が同じだ」とすぐ気づくが、登場人物はなかなか気づかない。

三人姉妹

・「何事にも動じない、おっとりとした性格のお姉さん」が一人いる。
・主人公は次女と結ばれる。

正義の博士の子供
・女の子である。


人間関係

主人公が所属する部活動
・部長は変人。
・副部長はややまとも。
・顧問は影薄い。

伝説の×人の勇者
・最初はサクサクと集まるが、最後の一人がなかなか見つからない。
・最後の一人は敵になっていることが多い。

他人の空似

・双子以上によく似ていて、友人や肉親にも見分けがつかない。
・一方が王子や王女、大富豪の後継ぎなど、社会的地位の高い人物である確率が高い。
・もう一方は犯罪者など、社会的地位の低い人物であることが多い。

主人公が連れて行きたくないキャラ
・主人公の意思に反してついてくる。

久しぶりに再会した主人公の幼なじみ
・数日内に事件に巻きこまれて死亡するか、重傷を負う。
・そうでない場合は、犯罪者となっている事実が判明する。

いつもけんかしている異性
・最終的に恋仲になる。

主人公とヒロインにそれぞれ片想いしている脇役の男女
・いつの間にか結ばれる。
・その確率は、主人公とヒロインの仲を裂こうと手を結んだ瞬間にはね上がる。

ひとつ屋根の下に同居するはめになった男女
・入浴中か着替え中にうっかり扉を開けてしまう。
・一線を越えるまでに、予想をはるかに上回る時間がかかる。

幼なじみ
・どちらかがどちらかに、ひそかに恋心を抱いている。
・相手はそれに気づいていない。

幼なじみの女の子

・世話焼きタイプである。
・毎朝、主人公を起こしに来る。
・起こし方としては精神的なダメージを与える方法(窓の外から大声で呼ぶ恥ずかしい起こし方)と、肉体的なダメージを与える方法(部屋に勝手に上がりこみ布団をはがし、暴行を加える)に大別できる。

転校生
・教室に入ってくる前にすでに会っている。
・主人公の席はいちばん後ろで、隣の席がたまたま空いている。

新任教師
・教室に入る前に、担当する生徒の誰かと出会っている。

お師匠様

・その強さにもかかわらず、戦いに参加しない。
・いずれ弟子に超えられる。

「敵か味方か!?」
・たいてい味方である。

「神か悪魔か!?」
・たいてい悪魔である。

一般市民

うそつき少年(or少女)
・重大事件を目撃するが、誰にも信じてもらえない。

スケベなジジイ
・後で大物であることが判明する(大会社の会長や、主人公たちが探していた武道の達人など)。

眠れない人
・羊をありえない数まで数える。

生徒会長
・絶大な権力の持ち主である。
・政治家もかくやの権謀術策と、演説好きである。

更生した元一流犯罪者
・人助けのために、その犯罪技術をいやいやながらも使うことになる。
・もしくは、悪人に子供を人質にとられて悪事を強要される。

時効前日の逃亡犯
・それまで平穏無事でいても、100%の確率で逮捕の危険にさらされる。

将棋漫画以外で将棋を指している二人
・待ったを認めるか認めないかでケンカをはじめる。

何の意味も無さそうな特技を持つサブキャラ
・作品中で必ずその特技を使って活躍する状況がくる。

わがままでタカピーなお嬢様
・本当は寂しがり屋。
・髪は黄色で、多くは縦ロール。
・「オーッホッホッホ」と高笑いする。
・名前に「麗」が入る。

深窓の令嬢
・ピアノかバイオリンをたしなむ。
・世間知らず。
・身体が弱く、持病がある。
・親のいいなりで、政略結婚をさせられそうになる。
・しかし、一般庶民の男を好きになり、親から反対される。

天才少年・天才少女
・孤独。
・喋り方は、嫌味なほどていねいかクソ生意気かのどちらか。

バイオリンを弾くキャラ
・相当の腕か、とてつもなくドヘタクソか、両極端。

いじめっ子
・固太り体型が多い。
・子分(相棒)は対照的にチビ・痩せ型である。

アニメのゲストとして登場する実在の芸能人
・似てない。

ギャンブル好きのダメ親父
・よく日本酒の瓶を抱きかかえている。
・椅子とテーブルより、畳とちゃぶ台を好む。

母子の二人連れ
・街中で登場人物が奇行を繰り広げていると、「あれ何してるの?」「見るんじゃありません!」という会話を交わしながら通り過ぎる。

じいさん
・一人称は「わし」。語尾に「〜じゃ」をつける。

音痴のキャラ
・歌うとガラスにひびが入る。

料理の下手なキャラ
・そいつの作った料理は、ひと口食っただけでぶっ倒れる。

生意気なガキ
・ヒロインのことを「おばさん」と呼ぶ。
・ヒロインが顔をひきつらせて「誰がおばさんだ!? 私はまだ××歳よ!」と抗議すると、「やっぱりおばさんじゃん」と言われる。

夜道を急いでいる女の子
・「すっかり遅くなっちゃった」と、言わずもがなのことを口にする。
・その直後、何者かに襲われるか、怪事件を目撃する。

三枚目キャラ
・寝言は「むにゃむにゃ、もう食えないよ」。

寝ぼけている人
・好きな異性と抱き合う夢を見て、近くの者や起こしに来た者に抱きつく。
・相手が美形から遠ざかるほど、抱きついた相手とキスする確率も高くなる。

忙しいお父さん
・「今度の日曜日に遊園地に行こう」という約束は、必ず急な用件で反古にされる。
・夜遅く帰宅して、子供の寝顔を見てちょっと寂しげに微笑む。

職業

名探偵
・仕事中ばかりか、休暇で旅行に出かけても、必ず殺人事件に遭遇する。
・二人の名探偵が対決する場合、引き分けか、どちらかが犯人(負けてしまったら名探偵じゃなくなるし)。
・オカルト解釈をする者は相手にせず、合理的に解明できると言う(これは普通)。
・科学的解明を求める者には、科学で解明できないこともあるよと答える(・・・ただの天の邪鬼だろ)。

医者
・仕事中ばかりか、休暇で旅行に出かけても、必ず急病人に遭遇する。
・腕はいいが医者仲間の評判は悪い。

海賊・宇宙海賊
・めったに海賊行為をしない。

同僚から「昼あんどん」と呼ばれている中間管理職のおっさん

・実は切れ者である。

政治家
・太っている奴は強欲である
・痩せている奴は策略家である
・顔の美形な奴は女性スキャンダルにまみれている
・99%は腹黒く、自分の利益しか考えないか、政権や国家を自分の思い通りにしようとしか考えてない

原作者
・作中にメインキャラ、あるいはそれに準ずる役として出演する場合は、その性格は「少し間抜けな好人物」とされることが多い。

女教師
・一人だけの場合は美人で生徒思いである。
・美人教師が二人いる場合は「清楚系」と「フェロモン系」に分かれる。
・そのどちらかが保険医の場合、それは「フェロモン系」である。
・二人の仲が悪い場合、「清楚系」は生徒思い、「フェロモン系」は悪女。
・タイトスカート着用率が高い。

メイドさん
・必ず妙齢の女性である。
・しかも労働基準法を無視したかのような低年齢の場合あり。
・どうやって雇われたのか不明な場合が多い。
・いかなる時もメイド服を着用し、作業によって着替える事は決してない。
・どんな作業も難無くこなす(窓拭きから機械整備まで)。
・メガネ着用の場合は、大半がドジ。

忍者
・雇用主と会話する時でも天井裏にひそんでいる。出てくる時もわざわざ雇用主の背後に降り立つ。
・いつどこの舞台にも存在する(現代、西洋風ファンタジー世界、宇宙、未来世界など)。

キャラクターの平均就労年齢

・やたらに低い
・未成年のうちから働いているのはもちろん、小学生の探偵、プロ野球選手、社長すらいる。
・殺し屋などの裏家業、正義の秘密組織や軍人などの危険な仕事も、未成年者が多い。
・年食ったベテランよりも有能である。

ひと昔前の小説家
・着物姿で座卓の前に座り、原稿が書けなくて、頭をかきむしっている。
・周囲にはくしゃくしゃに丸められた原稿用紙が散乱している。
・横では編集者が時計を見ながら「先生、もうじき締め切りが……」とあせっている。

狙撃手
・狙撃ポイントに来てから、ライフルを組みたてる。
・スコープはおろか、銃身、銃床他までバラしてあるにもかかわらず、何の調整も試射もなしに、狙ったところへ弾が飛んでいく。

ハッカー
・破れないセキュリティなど存在しない。
・IDやパスワードなんか知らなくても侵入できる。

大学教授
・二人称でも三人称でも「教授」と職名で呼ばれている。

博士
・助手や新聞記者から「博士(はかせ)」と呼ばれている。

大学の研究者
・学部生と大学院生の区別がない。

研究者
・物理や機械工学の実験でも白衣を着ている。

異端の説を発表して学会を追放された学者
・その学説は実は正しい。
・妻はいないが美しい娘はいる。
・追放後、学会と世間に復讐するために黙々と研究を続ける
・もしくは一人(あるいは助手と二人)で、いずれ訪れる危機に備えて、人類を救うために黙々と研究を続ける(危機が発生すると、「こんな事もあろうかと……」とか言いながら、研究の成果を見せる)。
・すごい設備を所有しているが、研究資金がどこから提供されているか、不明瞭な例が多い。

学会を追放された学者の助手
・本人は「先生を尊敬しているからだ」と言っているが、実は先生の若く美しい娘と恋仲である。
・娘と恋仲ではない場合には、悪人達の襲撃の時に撃たれて死ぬか、または実験の失敗で怪物が誕生してしまった場合の最初の犠牲者になって死ぬ。その場合、娘と恋仲になるのは新聞記者。
・科学者の頭がイカレている場合には、実験材料にされてしまう。
・どことなく怪しげな雰囲気の男であった場合、悪の組識のスパイである。

バンドマン
・パンクスのモヒカン率は異様に高い。
・ドラム担当はデブ、又はグラップラー体型。
・演奏の判定基準はテクニックよりエモーション。「曲も普通だし、上手くもないけど、なんか、こう、心に響く……」

尼僧

・「天真爛漫な少女」「がみがみ屋のおばさん」「マザー・テレサ」の三つに類別できる。

巫女さん
・おおむね、がさつ・勝ち気・怪力である。

警部
・主人公でない場合、その推理はあてにならない。

女性の保険医
・グラマーでメガネをかけていて、なぜか愛煙家であることが多い。
・男言葉を使い、冗談とも本気ともつかない態度で主人公をからかう。

体育教師
・ごつい。
・よく竹刀をもっている。
・精力があり余っている。
・女教師に片想いしている。

教頭
・悪役。
・痩せ型でメガネをかけている。

スポーツ中継のアナウンサー
・短い時間の中ではありえない長さの台詞を喋る。

警備員
・主人公が潜入しようとしていると、たいていポーカーかテレビか新聞に熱中していて気づかない。

悪人たち

異常犯罪者
・部屋の壁には、ターゲットの女性の写真や、新聞記事の切り抜きがベタベタ貼ってある。

ある人物とすり替わっている犯人
・彼(または彼女)は気がついていないが、その人物は実は左利きだったのである。

善人を装っているが実は悪人
・動物がなつかない。

宇宙からの侵略者
・「まずは南米かアフリカあたりから征服しよう」とは思わない。
・アメリカ、中国、ロシアから攻める奴もあまりいない。

策士
・味方の策は的中するが、敵の策はたいてい味方も呆れるような主人公の力技で破られる。
・味方の策士は策が破られた時の準備を怠らないが、敵の策士は策に溺れて終わる。
・味方の策士が「私は冷静だ」という時は周りがいくら心配&動転していてもホントに冷静だが、敵の策士が「私は冷静だ」という時はたいてい爆発寸前である。

悪人同士の会話
・「○○を××するという計画、順調に進んでいるようだな」などと、お互いに知っているはずの計画の内容を口に出して説明する。

異星人・異民族・ロボットなどに異常な差別意識を持つキャラ
・実は彼(彼女)自身がロボットだったり、親が異星人・異民族だったという事実が最後に明らかになる。

刺客
・顔を隠して襲ってきたのを後ろから羽交い絞めにすると、その性別は女である。

知性派の敵
・ヒーローの弱点を分析し、「この作戦で99%勝てる」などとほくそ笑む。
・しかし、ヒーローの意外な行動に敗北し、「バカな! 計算は完璧だったはずだ!」とコンピュータに両こぶしを叩きつける。
・それを見た別の幹部は、「ふん、やはり奴を倒すのはこの俺だな」などとつぶやいて、作戦室から出ていく。

主人公に命を助けられた敵
・後で主人公がピンチに陥った時に助けに現われ、礼を言う主人公に「勘違いするな、借りを返しただけだ」と言う。

ライバル
・新たな勢力が出現すると、主人公と力を合わせて戦うことになる。
・「貴様を倒すのはこの俺だ」とよく言うが、それを実行する機会は訪れない。

ヒーローより強い悪役
・ヒーローを後一歩のところまで追い詰めると、彼の台頭を恐れた悪組織の幹部の裏切りにあい、逆転負けする。
・無理なパワーアップをかけてヒーローを追い詰めた場合、トドメを刺そうとした瞬間に能力の限界が来て絶命する。

改心した女スパイ
・仲間に殺される。

相手のエネルギーを吸い取るタイプの敵
・許容量以上のエネルギーを吸わされて自滅する。

相手の思考を読んで攻撃をかわす敵
・主人公の「頭を空っぽにする」作戦に破れる。

美形の敵
・顔を殴られると、「よくも私の美しい顔に傷をっ!!」と言って怒り狂う。

卑怯者
・まだたいしたダメージも受けていないのに、「待った! 俺の負けだ! 許してくれ!」と土下座して謝る。
・だが、ヒーローが後ろを向いた瞬間に襲いかかってくる。

人間以外

公然と特定の市民と一緒に生活を始めた宇宙人、未来人
・マスコミが取材に押し寄せることはない

正義の巨人型宇宙人
・生身で宇宙空間を移動できるのに、地球上では毒ガス攻撃や冷凍攻撃に弱い。

異星人・異次元人
・地球人に外見が似ている場合、種の壁を超えて交配が可能。
・見かけがひどくグロテスクな奴に、友好関係を期待してはいけない。
・道具を扱えないような手をしているのに、文明を持っている連中もちょくちょくいる。

巨大化能力を持つ異星人
・何十人もいっぺんにやって来てヒーローを袋叩きにしよう……とは決して思わない。

巨大化能力を持たない異星人
・怪獣か巨大ロボを侵略兵器として用いるのを好む。

無敵の侵略者
・水、塩、細菌、音など、地球上ではありふれたものに弱い。

アンドロイド

・極端に機械的か、極端に感情豊かか、感情豊かだが表情や態度が微妙または特殊でわかりにくいか、のいずれかである。
・その性能は「高性能」か「使えない」かの両極端である。
・忠誠度は主人(もしくはそれに類する存在)に「忠実」「曲解する」「まったく言う事を聞かない」などのランクがある。

マスコットロボ
・地球を守る巨大ロボを開発している科学者は、なぜか片手間にこういうものを作りたがる。
・主役の巨大ロボをはるかに上回る高度なAIを備えている。

ロボットorコンピュータ
・極端に機械的か、極端に人間くさいかのどちらかである。

昔のマンガに出てくる悪のコンピューター
・カタカナとひらがなを逆にしてしゃべる。

人工知能
・ヒーローが非合理的な人間性(自分を犠牲にする、など)を見せると、「理解不能」などと言って混乱する。
・それがもとで負けてしまう。


組織・団体

政府内秘密組織・特務部隊
・ボス、長官などはキレ者で大物政治家とも繋がりがある。
・ただし、権力には興味が無く自分の置かれている地位以上の事は 望まない。
・必ず腕の立つハッカーが仲間にいる(便利だから)。
・敵はサイボーグ、超能力者、悪魔、妖怪、宇宙人など人外の存在。
・どんな大きな事件でも“うえ”からの圧力でもみ消す事ができる。
・事件現場で新人の警察官には必ず「関係者以外は立ち入り禁止です」と言われる。
・そして年配の警察官は「あいつらはいいんだ。 係わり合いになるな」と言って厄介者扱いする。
・軍部とかとは折り合いが悪く敵対している。
・政変とかが起こると組織解体の憂き目に合う。
・でも土壇場で再結集。
・主人公と敵対している場合、やってることは悪の組織と大差ない。

帝国
・拡張主義的、侵略的で、独裁者に牛耳られた絶対君主制国家。
・多くの場合、敵役として登場する。

キリスト教
・カソリックとプロテスタントの区別はない。
・牧師でも気が向けば告解の秘蹟を執り行ってくれるし、神父でも結婚できる。
・その宗教的義務は、「聖水・銀の弾丸の補給」「モンスターが現れた時に『立ち去れ、サタンよ』と叫びながら十字架を掲げること(たいてい何の効果もない)」「最終回で主人公とヒロインの結婚式を行うこと」である。

仏教
・仏教の宗派は三つしかない。密教と、禅宗と、その他である。
・僧侶の蓄髪は許されない。ただし、密教の僧侶は例外である。
・住職は小坊主に隠れてうまい物をたらふく食べている。
・その宗教的義務は、「主人公に特訓として座禅を行わせること」「夏休みに肝だめしのために墓地を解放すること」である。

神道
・その宗教的義務は、「巫女を登場させること」「初詣に来た主人公に大凶のおみくじをつかませること」である。

カルト宗教
・教祖が主人公でない限り、その宗教は邪悪である。
・その場合の教祖の目的は、世界(日本)征服か、金儲けのどちらかである。特に後者の場合、エロも目的の一つであるケースが多い。
・教祖の陰謀・金儲けの目的が信者にバレるか、または信者たちの前で教祖の醜態がさらされるかして、その宗教団体は潰れる。
・その際、信者は一人残らず全員が離反する。


団体名
・政党は「民自党」。
・新聞は「毎朝新聞」。
・大学は「帝都大学」か「東都大学」。
・暴力団の名前は出版社と同じ(講談組、集英会など)。

超巨大財閥
・私設の軍隊を持っている。

ヒーローものにおける警察
・怪人にやられる前座で終わってしまうか、事件が起こっているにも関わらずまったく活動しないかのどちらか。

悪の組織
・「失敗した者は即処刑」という極端に冷酷な組織と、幹部が作戦を10回以上失敗しても降格されないおおらかな組織がある。
・戦力の逐次投入という愚策を犯す。
・一度失敗した作戦は、たとえ可能でも二度とやらない。

悪の帝国
・国や組織をあげての攻撃では絶対倒せないが、少数精鋭のヒーローに対しては弱い。

悪の組織で起きたクーデター
・幹部が新首領になっても、その天下は長続きしない(これまでの最短記録は30秒)。


出身地別

日本人
・染めているわけでもないのに、赤・ピンク・黄色・緑・青など、カラフルな髪の毛が存在する。

日本を訪問した某国の王女様
・行方不明になる。
・かなり高い確率で、一般人のふりをして主人公と観光を楽しんでいる。
・殺し屋に狙われている。

日本語を流暢に話す外国人
・他人に聞かれるとまずい同郷人との会話や独り言まで日本語で喋る。

アメリカ人

・「Hai!」「Goodね!」など簡単な言葉を英語で話すくせに、複雑な言い回しは日本語になる。
・性格が陽気であるなら100%の確率で忍者が好き。
・だが、その知識はたいていどこか間違っている。

アメリカのダメオタク
・レンタルビデオショップでバイトする。
・主食はピザ。

フランス人
・美形でキザ。
・バラの花を持っている。

ロシア人
・回想シーンの中にブリザードが吹きすさぶ氷原で特訓するシーンが出てくる。

中国人
・中華料理を作るのが得意か、怪しげな拳法が得意。あるいはその両方。

中国人の漢方医
・乱暴者に不敵な口を利き、「このジジイッ」とか言われて殴りかかられた瞬間、「ホイッ」とか言って相手を投げ飛ばしたり関節を捩じ上げたりするシーンがある。

インド人
・ヨガの心得がある。

アフリカ人
・野性的な身体能力を持っている。
・野性の勘を持っている。
・その中でも「勇者」と呼ばれる者は、ライオンを倒したことがある。

日本のアニメに出てくる黒人
・そう言われないと気づかないぐらい、肌の色が薄い。
・未来の宇宙では絶滅寸前らしい。

関西人
・一人称は「わい」。
・がさつ、騒々しい、ギャグが好き。
・好物はタコ焼き。

九州人
・体格が大きい。
・語尾に「バッテン」「タイ」がつく。

異星人・異次元人・超古代文明人
・日本語を喋る。

動植物

寄生生物
・その存在は、皮膚の下でもぞもぞうごめくことで表現される。
・たとえ腹に寄生していようと、宿主の精神をコントロールできる。
・もしくは宿主に超人的な戦闘力を与える。

肉食獣
・数日間に何人の人間を食おうと、腹いっぱいになって狩りを休むということはない。


触手を持つ生物
・いやらしい

ペット

・なかなか成長しない。
・長期連載作品でも、シリーズ途中で寿命が来て死ぬことはない。

巨大怪獣
・巨大ヒーローとほぼ同じ大きさである。
・たまにヒーローよりはるかに巨大なやつが出てくることはあるが、1/3サイズなどというやつはまずいない。

四脚怪獣
・膝をついて歩く。

恐竜
・日本では身長50mぐらいのものが多かった。
・地中で何億年も眠っていられるという特殊能力を持つ。
・地殻変動か核実験によって目覚める。
・作品中に登場する場合、ティラノサウルス、ブラキオサウルス、プテラノドン、トリケラトプスのどれか(またはすべて)である。

プテラノドン
・恐竜の一種である。
・鳥のように翼をはばたかせて飛行する。

伝説の怪物(ネッシー・雪男など)
・悪人がこれらを騙って悪事を働く場合、最後に当の怪物が本当に登場する。

クモ
・口から糸を吐く。

タランチュラ
・猛毒を持ち、噛まれると即死する(実際はそんなに強い毒じゃなく、アレルギーでもないかぎり、人間が死ぬことはまずない)。

アイテム

武器

「これを使え!!」と託される新兵器(主に変身アイテムやパワーアップユニット)
・ぶっつけ本番&ロクな説明ナシの割りに機能を使いこなすことができる。

伝説の武器

・ほとんどが剣。次に槍か弓矢。
・斧やハンマーや棍棒であることは少ない。

チェーン・棒
・回転させると楯の代わりになり、飛び道具をはじき返す。

手裏剣
・忍者は大量に所持している。
・棒手裏剣の類が使われることはめったにない。

鉄パイプ・メリケンサック・特殊警棒
・これらを使用するのは卑怯者。
・ただし主人公は木刀を持っていてもよい。

トランプ
・本来の用途並みに投擲武器としての使用も多い。
・壁に突き刺さる。

ブーメラン
・目標に当たっても手元に戻ってくる。
・たいていのものを切り裂くが、使用者の手だけは切らない。

日本刀
・保管されていた物であっても、常に臨戦体勢である(錆除けの丁子油に覆われて刃紋が見えないなどということは無い)。
・斬ったものはすぐには割れず、数秒たってからぽろっと割れる
・竹や藁人形を斬った場合、やはり数秒遅れて、ずるっと斜めに滑って落ちる。
・名人が使うと銃弾をも叩き落すことができる。
・身軽な奴には、敵が振り回している剣の上に立てる者がいる(無理とかいうレベルじゃない)。
・持ち手が剣道のよう(剣道を絵の資料にしているのかなあ)。
・普通の子供でも重い真剣を自由に振り回せる。
・剣自体の長さより太い物を切れる。
・柔らかかったり、弾力のある物は切れない。

マシンガン
・マガジンを交換せずに何十秒も撃ち続けることができる。


・相手が手に持っている銃を撃ってはじき飛ばしても、相手は手にかすり傷を負う程度。
・飛ばされた銃も拾えば使用可能。

銃の台尻(グリップ)
・これで後頭部を殴ると、相手は必ず気絶する。
・頭蓋骨が骨折したり死んだりする者はいない。

サイレンサー
・どんな銃にも無改造で装着できる。
・「プシュッ」という、それはそれは小さい音になる。

「射撃用意!」
・小銃の銃口を向けただけなのに、装填したようなガチャガチャいう音がする。

敵の銃
・1人が1発だけ撃つとちょくちょく当たることがあるが、大勢が何十発も撃ちまくっても一発も当たらない。

レーザー光線
・「ビー」とか「ピキュンピキュン」という発射音がする。

ビーム兵器
・真空中でも軌跡が見える。
・接近戦でも相手が撃ってから回避することができる。
・遠距離から撃ってきた場合、オペレーターが「高熱源体接近!」と言ってる余裕がある。

バルカン砲
・巨大ロボが装備している機関砲の総称。
・本物のバルカン砲ではない。
・普通の機関銃みたいな「ダダダ」という発射音がする。
・曳光弾が多数含まれる。

魔法の剣
・主人公が絶体絶命のピンチに陥った時に輝きはじめる。

スーパーロボットに搭載されたミサイル
・たいした威力はない。

強力なビーム兵器
・発射前に、砲口に光の粒が集まってくる。

すさまじい威力の超兵器
・発射に時間がかかる。
・敵が使用する場合、発射1秒前に阻止される。

乗り物

宇宙船
・エネルギーのみが必要で推進剤はいらない。

宇宙戦艦
・ブリッジが意味もなく「上」に突き出している。
・敵戦艦と遭遇すると、相手も同じ方向にブリッジを向けている。
・艦底の武装が薄い。

飛行機
・異常なまでに小回りが効く。(パンしていないフレーム内で旋回できる)


・恐ろしい敵から逃げ出そうとすると、エンストするか、タイヤがぬかるみにはまって空転する。
・高々とジャンプし、他の車とぶつかり、壁を突き破り、べこべこになっても走り続ける。
・F1から軽自動車まで、エンジン音は統一規格である。

列車
・画面に映ったとたん、意味もなく警笛を鳴らす。

戦車
・基地から前線まですべて自走する

ジェット戦闘機
・怪獣を攻撃する際、不必要なまでに低く飛んで叩き落される。
・主人公の乗る巨大ロボより小さく、速いのに、被弾率は桁違いに高い。

第一次or第二次大戦中の戦闘機
・主人公の機は燃料タンクに被弾して燃料が漏れ出すが、どうにか飛び続ける。
・敵機はバラバラになるか火だるまになる。
・近くを飛んでいる飛行機同士、肉声で会話できる。

小道具

体重計
・エピソードの冒頭でヒロインが乗ると、必ず「ガーン! 増えてる〜!?」とショックを受ける。
・「やったー、×kg痩せたわ」という場面はめったにない。

別れの際、異性から贈られたアイテム
・後に重要な場面で思わぬ力になる。

辛い食べ物
・食べると火を吹く。


・子供が水と間違えて飲んだ場合、必ず「おいしい」と感じ、何度もオカワリして酔っぱらってしまう。
・「うえっ、何コレ? マズィ」と言って吐き出すヤツはまずいない。

影・鏡
・人間に化けている生物の実体をなぜか映し出す。

松明
・多くは木の棒に布を巻きつけた程度の簡単なものであるが、これがいつまでもいつまでも燃えている。

手紙
・内容を口にしながら書くものである。「○○様…お久し…ぶり…です…お元気で…すか、と」
・読み上げる際には、途中から差出人の声に変わる。

煙幕弾
・確実にその場からワープできるアイテム。

変装用の特殊ゴムのマスク
・かぶるだけで別人になりきることができ、身近な人間にも見破れない。
・変装を解く際には、顎の左側に手をかけてべりべりと剥がすだけで、きれいさっぱり取り去ることができる。

怪盗の変装
・正体を見破られると、一瞬で服を脱ぎ捨てることができる。
・その下からは長いマントのついたコスチュームが現われる。

怪盗が逃亡に用いる気球
・どこであろうと事前にこっそり隠しておける。
・とても人間をぶら下げられるサイズではない。
・ゆっくり漂っているだけなのに、警察の追跡をあっさり振り切れる。
・たまに警察が捕まえたとしても、それはダミーの人形である。

双眼鏡(または望遠カメラ)
・どんな高倍率でも手ブレのない映像が見られる。
・双眼鏡の場合、「8」を横にした形の視野になる。
・スムーズにズームするのではなく、瞬間的に倍率が切り替わる。
・倍率を切り替えると、その位置からでは見えるはずのないアングルが見える。

重りのついたロープ
・遠くの枝などに向かって投げるときれいに巻きつき、引っ張ってもはずれない。


ファッション

女性の髪型
・風呂でも崩れないし、寝る時もほどかない。

原始時代orロストワールドの女性の衣装
・ビキニ、もしくは豹柄のワンピースである。
・豹柄のビキニの場合も多い。

江戸時代の既婚女性
・お歯黒なんかしている人はいない。

忍者装束
・黒か紺(実際は柿色が多かったらしい)。
・真昼間や群衆の中でさえこの格好をしている。
・ピンクやブルーの忍者装束もある。
・「鎖かたびら」とは網タイツの事。特に「くノ一」において。

メガネ
・物理的ショックだけでなく、精神的ショックでも割れる。
・どんなに科学の進歩した未来でも、かけている奴は必ずいる。

女装趣味の男
・本物の女性とまったく見分けがつかない美女・美少女か、気色悪いオッサンか、両極端である。

全身鎧
・着用していても、軽々と跳ね回ることができる。

バスタオル
・異性の前で、はらりと落ちやすい。
・派手なアクションをしている時には決して落ちない。
・アクションが終わると落ちることがある。

変装用メガネ
・かけただけで正体がバレない。
・サングラスでもないのに、レンズの下が見えない。

パンツ
・不自然なまでに見えない場合と、不自然なまでに見えまくる場合がある。

髪の毛・マント・マフラー
・どんなに長くても、アクションに支障をきたすことはない。


・どんなにでかくても、アクションに支障をきたすことはない。


発明・超技術

旧日本軍の秘密兵器
・21世紀前半の技術を上回る高性能。
・英語を使用したネーミングでも命名者は「非国民」と言われない。

巨大なマシンの起動
・広い計器パネルの端から順にランプが点いてゆく。

合体
・単体の場合よりも装甲が頑丈になる。

エネルギー吸収装置

・原子力、内燃機関、電気、生体反応等のタイプの分け隔てなく吸収が可能である。

瞬間移動装置
・事故が起きる。

生命反応探知機
・壁の向こうにいる生物が発している「何か」を探知しているらしい。

記憶再生装置
・本人の見たものが再生されるはずなのに、画面にはなぜか本人が映っている。

記録メディア
・科学が発達した未来社会や異次元世界においても、テープやフロッピーが使われている。

UFO
・アダムスキー型が多い。

アニメにおける未来のコンピュータ
・キーボードがタッチパネル方式。
・キーに文字がない。
・触るとキーが光ったりする。
・キーを叩くと「ピッ」という音がする。

コンピュータ
・電源を入れると数秒で起動する。
・処理能力を超えた計算(予測不能の事態・測定不能の戦闘力など)をすると、爆発して煙を噴く。

世界を管理している超高性能コンピューター
・放っておくとそのうち自我に目覚めて暴走する。

ホログラム
・空中に投影できる。
・誰かからの重要なメッセージである場合、ちょっとノイズが入っている。

スーツを装着して変身するヒーロー
・変身前にどんな服を着ていようと、装着後の動作に支障はない(着物やスカートの上から装着してもOK)。

操作方法がわからない機械
・テキトーに叩くと、期待通りに動くか壊れるかの二者択一。

ドリル
・とりあえず先端にこれさえ付いていれば地中に潜れる。
・掘り出した土はどこかに消える。

巨大ロボ
・パイロットにGがかかるのは発進時のみ。
・口が存在する機体もあるが、その必然性が描写されることは少ない。
・主人公とその仲間の搭乗機は、散々攻撃を受けて外装がズタボロになっても機能は保たれる。
・雑魚キャラのユニットは流れ弾1発で爆発四散する。
・主人公たちのメカよりも高性能というふれこみで登場した他陣営(国・会社・組織等)の正義派メカは、あっさりとやられてしまうか、敵方にのっとられてしまう。

主役メカ
・予備パイロットが存在しない。

巨大ロボのメインカメラ
・カメラのくせになぜか光る。

科学用語

隕石
・中には異星人の侵略兵器か宇宙怪獣がひそんでいる。
・もしくは未知の病原体が付着している。
・もしくは落下地点の周辺に怪現象を発生させる。
・何にせよ、人畜無害であることは絶対にない。

未知の元素
・超ウラン元素のはずなのに安定している。
・スーパーメカを動かすエネルギー源となる。
・もしくは異星人の残した破片から検出され、地球外のものである証拠になる。

エネルギー
・ロボットやメカを動かし、武器にも使える正体不明の力のこと。
・しばしば「燃料」や「バッテリー残量」の同義語として用いられる。
・透過光で青または赤に光っている。
・「エネルギー反応」なるもので探知可能である。
・意志や生命を持つこともある。

放射線
・「放射能」の同義語。
・生物を巨大化させるか、超能力を与えるもの。

突然変異
・放射線や薬品によって、普通の生物が怪獣になること。
・一世代で起きる。

進化
・生物の形が変わり、パワーアップすること。
・一世代で起きる。
・しばしば「変態」と同義語として用いられる。
・「適者生存」などというものは無関係である。

人間以外の遺伝子
・体内に注入すると、その生物に変身するか、その生物の能力が身につく。

細胞分裂
・質量保存の法則を無視して起きる。

冷凍保存
・氷漬けになった人間や動物は、温めれば蘇生し、後遺症もない。

真空
・人間が宇宙服もなしに放り出されると、体が爆発する。
・小さいものを意図的に作り出せれば、人体を切ることができる。

ドーピング
・どんな虚弱な者でも、人間を超えた能力が出せる。
・その際、不自然なくらい筋肉隆々になっている。

赤外線画像
・壁越しに人間の姿を映すことができる。

落雷
・人間に当たると超能力が身につく。
・ロボットに当たると危険思想に目覚める。
・墓場に落ちると死体が生き返る。

ナノマシン
・人間に超戦闘能力と超回復力を与える便利なガジェット。

液体窒素
・敵にぶっかけると一瞬で凍ってしまう便利なもの。

クロロホルム
・ハンカチにしみこませて相手の口に当てると、一瞬で眠らせることのできる便利な薬品。

青酸カリ
・苦味がなく、極微量を舐めただけでも死に至る毒物。

クローン
・透明なカプセルの中で誕生・成長する。
・短期間でオリジナルと同じ年頃にまで成長する。
・カプセルから出てすぐ、リハビリなしで歩きはじめる。
・オリジナルの記憶まで受け継いでいる場合が多い。

サイボーグ
・アンドロイドもこう呼ばれることがある。

〜ノイド
・「人間」「ロボット」「化け物」を意味する接尾辞。(アーマノイド、スペースノイド、メカノイド、ギガノイドなど)

舞台装置

建物・場所

ホラーものの小学校
・現代でも木造校舎が普通に残っている。

ダンジョン
・トイレがない。
・食料もないのにボスを含む多数のモンスターが生息している。

カジノ
・主人公は最終的に無一文になってしまうが、ふと気づくと無欲な仲間が大勝ちしている。
・アクションの最中、スロットマシンに悪人が叩きつけられるとジャックポットが出る。

ゲームセンター
・ゲームをしてる最中に他の人物に呼ばれた登場人物はすぐに席を立つ。
・間違っても「これが終わるまでちょっと待ってくれ」とは言わない。

真夜中のメリーゴーランド
・お客さんがいないのに電飾をつけて回りはじめる。

洞窟
・懐中電灯がなくても、なぜかやけに明るい。

「真っ暗で何も見えない」
・と言っていても、視聴者にはその人物の姿がはっきり見える。
・怪盗が宝石を盗むのに支障はない。

ミステリーの館
・ラストで、火事になってきれいさっぱり燃え落ちることが多い。
・中途半端に消防が間に合って、ぼやですんだりすることはまずない。
・この時、重要人物が焼死するが、その検視が行われることはない。

火災現場
・バケツ一杯の水をかぶれば、どんなに激しく燃えている建物に、どんなに長く入っていても大丈夫。

消防法
・明らかに違反していても、処罰されることは無い。

鍵のかかったドア
・ピストルで鍵穴付近を撃ち抜くと開く。
・跳弾など気にする必要はない。

換気ダクト
・本来の用途よりも緊急時の脱出経路、および怪盗などの侵入口に利用される事が多い。
・どんなにセキュリティーの厳重な施設でも、この部分だけは忘れている。
・どんなに古い建物のダクトの中を通っても、服は汚れない。たまにネズミがいるが、ネズミの糞はない。
・換気口の金網は、簡単に内側からはずせる。
・気づかれてダクトの外側から銃撃されても、近くをかすめるがなかなか当たらない。
・中で爆発があると、爆炎に追っかけられるが、すんでの所で出口にでられる。たまに巻きこまれるのは悪人かサブキャラ。
・男女の組み合わせで入る場合、女性が先。


山奥のペンション
・携帯電話は圏外である。
・大雪または崖崩れで、外界との行き来ができなくなる。
・上の2つの条件が重なると、高い確率で殺人事件が起きる。

実在の場所
・登場人物がその場から移動すると、次のシーンでは、時間的に絶対ありえないような距離の場所に移動している。

敵の本拠地
・いつも天気が悪い。
・大ボスが倒されると崩壊を開始する。

銭湯の女湯
・基本的に子供(男子含む)、老人は入っていない。

銭湯・温泉
・男湯で女湯の話し声が聞こえる。
・聞こえてくる話題は、「胸の大きさ」に関してである。
・必ず覗きを決行する奴がいる。
・覗きの犯人に対して女の子たちが桶や石鹸を投げる際、みんなきちんとした右オーバースローで投げる。女の子投げやサイドスロー、サウスポーは存在しない。

吊り橋
・ボロくなっていて、今にも落ちそうである。

2階建てのアパート
・登場人物が住んでいるのは2階である。


仕掛け

基地や宇宙戦艦の隔壁
・開閉が無駄に複雑。
・恐ろしい勢いで閉まる。
・主な使用目的は敵の侵入を阻むこと。
・その割には別の区画に通風孔で繋がっていたりする。

閉まりかけるシャッター
・主人公が滑りこむとぎりぎりで間に合う。
・追跡者が乗り物に乗っていた場合、閉まった後にぶつかり派手に爆発する。

古い館にかかっている肖像画

・眼の部分がくり抜かれて覗き穴になっている。

落とし穴
・どんなに高いところから落下しようと「あいててて」で済んでしまう。
・下になった奴に「いいから早くのけ!」と叱られる。
・底に鋭い槍が並んでいる場合、落ちる寸前で穴の縁につかまることができる。

財宝を守るためのトラップ
・どんな大昔のものでも正常に作動する。
・当時のテクノロジーレベルを超えているものが多い。
・逃げる余裕があるか、ひっかかってもダメージの少ないものばかり。「100%回避不能、かかったら即死」というものは存在しない。

赤外線警報装置
・特殊なメガネをかけると赤外線のビームが見えるようになる。
・必ずかいくぐって進める隙間がある。

アリ1匹入りこむ隙もない万全の警備網
・でも怪盗が入りこむ隙はある。

時限爆弾
・解体のプロ(爆弾処理班も含む)が現場に到着するのは間に合わないため、素人がプロの指示に従って解体作業をするはめになる。
・開けると赤と青のリード線がある。
・どちらかを切ると停止するが、もう一方を切ると爆発する。
・主人公はどちらかの線を切ろうとするが、寸前で思い直してもう一方を切ると停止する。
・タイマーはひとケタ台(多くは残り1秒)でストップする。

・超兵器やそれを統括する基地の中枢部に仕掛けられた場合、兵器発射の寸前にやっと爆発する。間違っても発射後や整備点検中に爆発することはない。

風景・土地

雪山
・斜面の上から雪玉を転がすと、玉の周囲に雪が付着してどんどん巨大になりながら転がっていく。
・人間も転んだら雪だるまと化して転がっていく。
・建物や樹木にぶつかると、上から積もった雪が落ちてきて埋まる。
・でも死ぬことはない。

山の天候
・人里離れた屋敷で怪しげな研究している場合、実験が最終段階に入ると天候は雷雨になる。
・キャンプに行った時、病人やけが人がでてすぐにも医者が必要になると天候が崩れる。
・恋人未満の二人がハイキングなどで道に迷うと天候が崩れる。そのあと山小屋や洞窟に雨宿りするが、ムラムラするだけでな〜んもなし。ただちょっと気持ちが近づく。


河原
・ヒーローと怪人が派手に戦っていても、一般市民に目撃されることはほとんどない。

海の中
・透明度が50m以上ある。(潜水艦や沈没船の全貌が観察できる)
・水深100mを超えても、けっこう明るい。

海に沈む夕陽
・海岸がどちらの方角を向いていようが、夕陽は必ず真正面の水平線に沈む。
・朝日が同じ方向から昇ってくることもある。

雷雨
・「ピカッ」と「ゴロゴロ」が必ず同時に来る。

打ち上げ花火
・どんなに遠くから眺めていても、「ドーン」という音が聞こえるのは破裂するのと同時である。

楽しかったあの頃の思い出
・笑いながら草原を走っている。

原始時代
・火山が煙を吐いている。
・タイムスリップした登場人物は、まずはティラノサウルスに追いかけられる。
・ティラノサウルスとブラキオサウルスが同じ時代にいる。
・下手すると原始人も同じ時代にいる。

北海道
・回想シーンは、いつも雪の中。

千葉・茨城・埼玉
・なぜか田舎扱い。

静岡
・サッカー以外のスポーツは存在しない。

石川県
・金沢市しか存在しない。

京都
・京都タワー、お寺、竹林の三つが欠かせない。
・効果音は「ゴーン」という鐘の音。
・着物を着た女性の語尾は「……どす(な〜)」。

鳥取
・砂丘以外の風景はない。

島根
・出雲以外の場所はない。
・神代から続く名家が、必ずある。
・霊的なことを扱う長編の場合、必ず一度はここに行く。そして、何か霊にまつわる事件がおきる。

九州
・回想シーンは、阿蘇山か桜島。

あまり特徴の無い県
・そこが出身地のキャラも少ない。

一昔前の未来都市
・日照権などまったく考慮していないと思われるほど超高層ビルが林立している。
・ビルの間を透明なチューブが走っている。


天体現象

宇宙
・ガス状星雲がやたらにある。
・OPでは惑星直列が起きている。

宇宙船の背景の星空
・宇宙船が動くと後方にスライドする。

太陽系

・太陽系外に出る場合、地球→月→火星→小惑星帯→木星→土星……と、順にかすめて行かなくてはならない。
・外宇宙から地球に接近する場合はその逆。
・黄道面に対して垂直方向から侵略してくる敵はいない。

太陽のプロミネンス
・秒速何千キロもの猛スピードで動いている。

太陽と星
・同一画面内で、両方に露出を合わせることができる。

彗星
・太陽の位置とは関係なく、進行方向と反対方向に尾が伸びている。
・めらめら燃えていることもある。

小惑星帯
・ものすごい量の岩が密集して漂っている(本当は小惑星同士は平均して何万キロも離れている)。

流星
・主要人物が死んだ直後、夜空や夕焼け空を見上げると流れる。
・ついでに死んだ人物の顔も浮かぶ。

他の惑星の表面
・空にはでっかい月(もしくは惑星)がいくつも浮かんでいる。

夜空に浮かぶ月
・90%以上の確率で満月か三日月である。
・しかもデカイ。

三日月
・影の部分が異常に小さく、中には三日月の二つの頂点が接しているものもある。
・深夜に高々と昇っていることがある。
・太陽に向いていないはずの側が光っていることがある。
・影になっている部分に星が見えていることもある。

暗黒星雲
・中に入ると本当に一寸先も見えない。
・濃密なガスのため、すぐ近くに敵艦がいても分からない(実際は真空とほとんど変わらないぐらい希薄)。
・知性体がひそんでいる場合、そいつは邪悪である。

新たに発見された巨大天体
・間違いなく地球衝突のコースを進んでいる。

イベント・風物詩

ファッションショー
・本職のモデルが事故で来られなくなった場合、たまたま居合わせた、とてもおしゃれとは縁のない地味な女の子(もしくはスケバン、男の子)を代役に立てる。
・偶然にもサイズはぴったりで、まわりが驚くほどよく似合う。

バレンタインデー
・モテるやつは少なくとも机に山を作るくらいチョコをもらえる。
・下駄箱を開けるとなだれが起きることもある。
・もらえなかった男どもは幽鬼のような哀れな形相となり、もらえた男の周囲を恨めしそうに取り囲む。
・主人公あるいはそれに準ずるキャラの場合、幼なじみか普段目立たないおとなしい子がチョコを渡そうとするが、なかなか渡せない。
・前者の場合「義理よ、義理!」などというが、かなり苦心して作った後がうかがえる。

卒業式と入学式
・どちらも桜が満開である。

文化祭の劇
・物語のヒロインは、劇のヒロイン役に抜擢される。
・劇の演目はオリジナルのヒロイック・ファンタジーか、「シンデレラ」などの有名なおとぎ話。
・シナリオ通りに進むことは決してない。
・アクシデントが起きても、観客は劇の一部だと思い、絶賛してくれる。

高校野球大会
・どんな髪型・言動・身なりであろうと高野連は決してクレームをつけない。

夕涼み
・蚊にたかられることはない。

クリスマス
・100%の確率で雪が降る。

シチュエーション

日常の出来事

緊急会議の第一声
・「今日集まってもらったのは他でもない…」

顔を知らない相手との待ち合わせ
・「待った〜?」と言って最初に現われる美人は人違い。主人公の横を通り過ぎ、別の男に駆け寄ってゆく。
・2人目が本物。しかし、その容姿は予想とぜんぜん違う。

お見合い
・相手に嫌われようとすると、かえって好かれる。
・毎度おなじみの娘の台詞「やだ母さん、お見合いなんてまだ早いわよ」。
・替え玉を引き受けると、相手も替え玉を使っていて、しかも知り合い。 「なぜ、お前がここにいるんだ?」 「それはこっちの台詞よ!」
・仲間たちは気になって、物陰から様子をうかがっている。

ダイエット
・実行中に限っておいしいものを食べる機会に出くわす。

衛星通信による会話
・タイムラグがまったくない。

見知らぬ美少女が道端で倒れている(orあられもない格好でさまよい歩いている)
・主人公は警察や救急車を呼ばず、自分の部屋に運びこむ。

カラオケ
・その番組の主題歌やEDを歌う場合が多い。
・もしくは、下手すぎて何を歌ってるのか分からない。
・他の番組の主題歌は歌われない。

マンガに出てくるテレビゲーム
・21世紀にもなって未だに効果音は「ピコピコ」「ズガーン」。

「チンピラを装った仲間にわざとからませ、それをカッコよく撃退することで好きな女の子の好感度をUPさせる」作戦
・計画の練りこみや演技力に関係なく、絶対に失敗する。

夫婦げんかをしている家
・窓から皿などいろんなものが飛んでくる。

赤ちゃんのオムツ替え
・慣れていない人が行なうと、顔にオシッコをかけられる。

思いがけない言葉
・相手が飲み物を口に含んだ瞬間を狙って発せられる。

突然、風邪でもないのにくしゃみをする
・どこかで悪友どもが、彼(or彼女)をネタにして笑っているのである。

突然、原因不明の悪寒を覚える
・どこかで彼(or彼女)の大嫌いな人物が、いやらしい妄想をめぐらせながら、写真にキスしているのである。

釣り
・魚以外に釣れるもの(要するにハズレ)は、たいてい長靴である。

雨乞い
・マラソン大会などに出たくなくてこれをすると、次の日は快晴になる。

おねしょ
・濡れた布団を乾しているところを、友達にバッチリ目撃される。

歯医者
・診察室から大きな金属音と悲鳴がして、それを聞いた奴は「やっぱり帰る」と言って逃げようとする。
・でも付き添いの奴に襟首をつかまれ、引き戻される。

電話
・重大な内容の場合、「何!? ○○が××しただって!?」などと、会話の内容をオウム返しに喋らなくてはならない。

番組の主題歌
・なぜか劇中の人物が知っている。
・歌詞で重要なことがばらされていても気にしていない(例:「今だ、変身、北斗と南〜」)。

故郷の親への手紙
・自分が出世していると書いてしまう。
・親が会いに来た時、仲間たちに偽装工作を頼むことになる。
・「恋人がいる」などと書いてしまった場合、恋人役は主人公(またはヒロイン)に回ってくる。

誕生日
・主人公が「みんなの態度がそっけない」と落ちこんでいると、実は友人たちはこっそりパーティの準備をしている。

テレビのニュース番組
・重要なニュースではボリュームが勝手に大きくなる。

すっぽかされたデート
・雨に降られる。

ラジオの投稿番組
・主要登場人物のハガキが読まれる。

商店街の抽選
・1等が当たる。
・商品は「温泉旅行」か「南の島ツアー」。

占い
・必ず当たる。
・不吉な運命が逃れようとあがくと、かえって悪い結果になる。

冒険とアクシデント

捕えられて長時間縛られている人
・排泄はどう処理されているのか説明されない。

水滴
・気絶した人の顔に落ちる性質がある。

心霊現象を装った犯罪
・事件解決の後、説明のつかない現象が起こっていたことが発覚して、一同は蒼白になる。「じゃあ、あれは誰だったんだ……」

バスジャック
・乗客は歌を歌わされる。

川下り
・川をイカダで下っている、もしくは流されている場合、その前方には滝がある。

女の子
・悪役にみぞおちを一撃されると、すぐにうっとうめいて失神する。
・決して「いったーい」と叫んでお腹を押さえてうずくまったりしない。

物語のカギを握る重要人物
・物語の前半で早々に主人公と接触すると、たいてい殺害されるか行方不明になってしまう。

ダイバー
・水深数十mで長時間活動した後でも、水面に急浮上してかまわない。

悪人やひねくれ者が改心する瞬間
・崖から落ちそうになって、主人公に手をつかまれた時。
・「なぜ俺を助ける!?」と驚く。
・その後、罪の軽い者はひっぱり上げられて仲直りするが、重い罪を犯した者は悟りきった表情で落ちてゆく。

落雷
・たとえ避雷針に落ちても火災を引き起こす(特に古い洋館)。

難解な事件
・脇役やエキストラの何気ない言葉・行動によって、主人公(刑事や探偵など)は何かを思いつき、そこから事件解決につながる。

何らかのアクシデントによって、服がボロボロになる。
・しばらくたつとなぜか元に戻っている。

ダイイングメッセージ
・死ぬ間際にとっさに思いついたにも関わらず、かなり難解。

味方に化けた偽者の見分け方
・「もし本物の○○ならばこれを言えるはずだ」と質問をする。
・相手はそれに答えることが出来る。
・それを聞いて、いきなりその相手に攻撃を仕掛ける。「本物の○○はそんな事は知らない!」

ふだんはおとなしい動物が大暴れする
・実は体のどこかにトゲが刺さっている。
・主人公が抜いてやると、仲良くなって頬を舐める。

不明瞭な情報に基づく宝探し
・苦労してたどり着いてみると、「宝」は想像していたようなものではなかった

封印
・必ず解ける。

要塞・宇宙戦艦のトラブル
・メカニックが「修理には○時間かかります」と報告すると、司令官(または艦長)は「×時間で終わらせろ」と、無茶なスケジュールを指示する。
・しかし、修理はちゃんと指示された時間内に終わる。

電気を使った拷問
・拷問係が「これ以上電圧を上げると危険です」と言うと、上司が「かまわん、もっと上げろ」と言う。

ギャグ作品での拷問
・「しゃべらなければ恐ろしい目にあうぞ」などそれらしい台詞を言った後に行なう拷問は、おもに「黒板orガラス引っ掻き」「くすぐり責め」「臭い靴下の匂いを嗅がせる」である。

ロシアンルーレット
・6連発リボルバーの場合、最初の4回までに弾が出ることはない。

停電
・電気がつくと人が死んでいるか美術品が消えている。

停電からの回復
・町の端から順に明かりが点いてゆく。

信じられない状況に直面した2人
・とりあえず隣にいる奴の頬をつねってみる。

無人島に漂着
・砂浜にうつ伏せの状態で意識を回復する。

シミュレーション
・訓練で楽勝だった場合、本番では失敗する。
・訓練で一度もうまく行かなかった場合、本番では多くても数回で成功する。


タイムスリップ
・過去の世界で出会った先祖は、子孫と同じ顔をしている。

ロストワールド
・探検隊がやって来ると火山が噴火する。

伝説・昔話
・必ず真実を含んでいる。

過去の勇者(または大魔法使い)
・悪の大魔王にとどめを刺さず、封印するにとどめる。
・おかげで後世の人間が、復活を阻止しようとしたり、復活した魔王と戦ったり、苦労することになる。

危機一髪

追っ手(or警備員)が部屋に踏みこんできた
・天井に張りついていれば絶対見つからない。

高所からの落下
・落下地点が海や湖なら、何百m上空から落っこちても五体満足で生還できる。

高層ビルから落ちた人
・空を飛ぶヒーローが空中で受け止めれば、まったくの無傷。たとえ地上数十cmであろうと……。

夜道で悪人の車にはねられそうになる
・なぜか横に逃げずに、車の進行方向と同じ向きに走る。
・間一髪で逃れるがナンバーや車種を調べることはまずない。

女子供を捕えようとする悪人
・両手を前に出してじわじわと捕獲対象を追い詰め、一気に飛びかかると、よけられて頭をぶつける。

危機からの脱出
・コンピュータの計算予測や指示を守ると失敗し、コンピュータを無視してフルマニュアルで操作すると成功する。

断崖絶壁
・追い詰められた者は激流(または荒海)に飛びこむ。
・追っ手は「この高さでは助かるまい」などと言うが、100%生きている。
・下に水が無い場合、崖っぷちか木の枝に間一髪でつかまる。

クラッシュした自動車または飛行機
・傷ついた主人公が這い出した直後に爆発する。

心臓にくらった一撃
・身につけていたお守りのおかげで防がれる。

奇跡
・絶望的な状況で、ヒロインの涙がひとしずく落ちた時に起きる。

病気と負傷

怪人の広めた病気
・怪人が倒されると一瞬でみんな治る。

溺れた人
・なぜか、腹が膨らんでいる
・口から噴水のように水を吹き出す
・その際、魚が一緒に飛び出すこともある
・これらのケースでは、溺れた人は決して死なない
・人工呼吸の方法はマウス・トゥー・マウスでなければならない。

タンコブ
・髪の毛を押しのけて膨らむものである。

解毒剤

・直前まで毒で死にかけていても、投与後、数十秒で効果が現われ、1分も経てば全快してしまう。

怪我人
・無理して出動しようという時、包帯などを全部ひっぺがしてしまう。
・包帯の下はすでに治っている。

お腹の大きな女性
・予定日が何か月先だろうと、話の途中で産気づく。

流産した女性
・かなりの確率で子供の産めない身体になる。

前歯
・主人公はどれほどダメージを受けても折れない。
・敵、しかもザコキャラの前歯は折れやすい。
・永久歯でも生え変わってくることがある。

鼻血
・顔面を殴られても少し垂れる程度だが、あこがれの女の子のパンツを目撃したりすると爆発的に噴出する。

点滴
・登場人物が怪我や病気で緊急入院した場合、点滴の液溜め(ぽとっ、ぽとっと薬液が落ちるところね)がまず画面に映る。
・その場合、液溜めにはほとんど薬液がたまっていない(本当は1/3以上入れないとダメ)。

輸血用の血液の不足
・看護師が「×型の血液型の方、いませんか!」と病院内をかけまわる(ホントはそういう場合、日赤に連絡して持ってきてもらうらしい)。
・そしてその血液型は主人公と同じ。
・登場人物の家族関係に疑問を投げかけるきっかけとなる。

弾丸
・主人公に命中する場合、太腿、上腕部、肩、脇腹のどこかである。

主人公
・重傷を負った場合は、必ず数日、長くても1ヶ月程度で治り、戦線復帰する。後遺症が残るようなことはめったにない。
・充分に治っていない場合でも、根性・闘志を燃やすことで痛みを忘れ、暴れまわっているうちに傷は治ってしまう。

不治の病

・口から血を吐くことで表現される。
・病名が出る場合、白血病かすでに全身に転移した悪性腫瘍である(糖尿病やアルコール性の慢性肝炎などは不可)。
・健康な他のキャラクターより長生きすることが多い。
・ザコキャラとの戦闘では何の支障もないが、大ボスにとどめを刺そうとした瞬間に悪化する。

記憶喪失

・言葉や、日常生活に必要なことは覚えている。
・頭部を強打する事によって回復する。
・ただし偶然の打撃のみが有効であって、意図的な打撃は無効である。
・記憶が戻りかけると頭痛に苦しむ。


魔法と超能力

催眠術師
・相手の眼を見つめただけで催眠状態にする能力を持っている。

悪魔に取り憑かれたやつ
・人を手で払いのけただけで壁にたたきつけるが、そんなパワーがあるのに、肝心の主人公を殺そうとするときは殴ったりせず首を絞める。
・その絞める力は普通の人と変わりないらしく、時間がかかる。

魔力を持つ楽器
・笛か弦楽器が大半で、リード楽器、金管楽器、弓で弾くタイプの弦楽器は少ない。

小さくなる(もしくは大きくなる)薬
・子供向け作品では、服もいっしょに変化する。

体が小さくなった人
・最初は「まわりのものが大きくなった」と勘違いする。

超能力者

・目が光る。
・髪の毛が逆立つ。
・物語の中盤で、怒りのあまり暴走して大変なことになる。

サイコキネシス
・攻撃に用いる場合、周囲の鈍器(巨石や自動車)を持ち上げて相手にぶつける。
・確実性の高い「直接敵の体をひねる」等は残虐趣味のあるエスパーしか使わない。

スーパーヒーローものの悪役(特に幹部連中)

・テレポート能力を持ち、退散時には瞬時に消え、ヒーローは追うことができない。
・しかし、その能力を最終決戦で用いることはない。

テレポートやワープ
・行き先を指定しないランダムな移動(緊急時に多い)でも固形物の内部(石の中など)に出現したりはしない。
・敵の中枢部に爆弾を送りこんでドカーン……という卑劣な手段は、原理的に可能でも使ってはいけない。

予知能力者
・テレパシストやテレポーターに比べ、登場頻度は少ない。
・未来はぼんやりと、あるいは断片的にしか見えない。
・その役割は主人公にあいまいなアドバイスを与えること。
・かんじんな時に役に立たない。

ジャンル別傾向

宇宙もの
・ひとつの惑星にはひとつの国家しか存在しない。

西部劇
・寡黙な主人公は酒場でミルクを注文する。
・それを見た小悪党(髭面が多い)は、「ここはガキの来るところじゃねえ、家で母ちゃんのオッパイでもしゃぶってろ」と言う。

ホビー漫画・職人漫画
・現実には存在しない日本大会が開催されている
・大会会場のスタジアムは観客で満員。テレビ中継も当たり前。


ターザンもの
・白人の孤児は現地の黒人よりも強い。
・動物を操れる。もしくは動物と話ができる。
・ちょうどいいところにスイングできる蔦がある。

アーウィン・アレンSFドラマ
・潜水艦や宇宙船が攻撃されたり事故にあったりすると、ぐわーんぐわーんと船体が烈しくゆれ、乗組員たちが右へ左へと走り回る。
・計器盤から火花が飛び散る。甚だしい時は燃え出す。
・奇妙なことに消火器で火を消すだけで修理ができてしまう。

アメリカのドラマ
・自分以外の家族が出かけ、一人で留守番していると、必ず大勢の人間が家に押しかけてくる。

アメリカの刑事ドラマ
・独身刑事の冷蔵庫では食べかけの宅配ピザが冷えて固まっている。

動物擬人化もの
・悪役は肉食獣。
・登場するキャラが食べている肉が、何の肉かは言及されない。
・種の壁を超えて会話が成立する。

スーパーカーもの
・主人公の乗る車は、カウンタックかポルシェ。
・かっこいいライバルはフェラーリ。
・外道な悪役はデ・トマソ・パンテーラか、ランチャ・ストラトス。

コミカルな魔法もの
・体が小さくなっちゃってさあ大変……という話が必ずある。
・心と体が入れ替わっちゃってさあ大変……という話が必ずある。

医療マンガ
・どんな場所でオペしても感染症にならない。
・お湯を沸かせば消毒したことになる。
・助手がいなくてもどんな難手術でもできる。
・臓器移植は都合よく適合する。

スポーツもの
・どんなに非科学的なトレーニングでも、本番では必ず成果が現れる。
・前日までの、付け焼刃的なトレーニングでも、本番では必ず成果が現れる。
・オーバーワークを考えてはいけない。
・疑問を感じて指導者に逆らうと、必ず悪いことがおきる。
・初心者の主人公が発揮するスキルは、スポーツと関係ない事柄で培われたものである。
・主人公のチームには補欠はあまりいない。もしくは足りずに勧誘から始めねばならない。
・後者の場合、練習場すら無い可能性が高い。
・野球よりサッカー、サッカーよりラグビー、と構成選手の数が多い競技ほど、双子・三つ子の出現率が高い。
・コンピュータ等で完璧に統率化されたチームは、主人公の計算外の行動によって混乱し、敗れ去る。

格闘もの
・主人公が戦い続けるうち、必ず「技は何もないが、バカでかく、ひたすら頑丈で、とんでもない怪力」の敵と出会う。
・あらゆる技が通じず、何をやってもビクともしないが、必ず奇想天外な大技で逆転勝利する。

災害パニックもの
・乗り物の中では、産気づく妊婦か容態の悪化する病人が出る。
・主人公に反対する立場の人間は、勝手な行動のあげくに命を落とす。
・子供は主人公の行動を何らかの形でじゃまする。
・犬は助かる。

怪獣もの
・避難民は走りながら何かを落とす。

ホラー
・エッチしている奴は殺される。

戦争もの
・故郷に残してきた家族の写真を眺めている奴は、直後に戦死する。

ミステリ
・焼け焦げた死体、顔の潰れた死体は、必ず替え玉である。
・外界から隔絶した山荘などで連続殺人が起きている場合、「人殺しといっしょにいられない」などと言って1人で部屋に篭城したりすると、次の犠牲者はそいつである。
・「こういう理由(アリバイ、動機)で私は犯人ではない」と理路整然と言う人物は犯人である。証拠も何も無く「私は犯人じゃない!」と格好悪く叫ぶ人物はその通り犯人ではない。
・関係者一同を集めて探偵が披露する長い推理を、犯人は逃げずに最後まで聞いている。

麻雀劇画
・確率的に1%以下の不自然なツモは当たり前。
・明らかに次のツモを予知している打牌も当たり前。
・強者は弱者の手牌はもちろん、この先のツモまでお見通し。
・オーラスとは逆転するための一局である。
・どんな無茶だろうと「流れ」の一言ですまされることが多い。

グルメマンガ
・料理対決は先に料理を披露した側が負け。
・「めったに手に入らない幻の食材」は、必ずどこかで手に入る。
・何らかのアクシデントで重要な食材が手に入らなくても、意外な材料で代用して勝てる
・高価な食材をふんだんに使った料理は、安価だが工夫された、心のこもった料理に敗れる。

エロマンガ
・精液がありえないほど大量に放出される。

台詞

「こんなこともあろうかと」
・伏線もなしに新アイテムを登場させられる魔法のフレーズ。

「敵を欺くにはまず味方からって言うだろう」
・味方まで欺く必然性がない場合が多い。
・「言うだろう」と言うが、そんなことを言う奴は現実世界にはいない。

「今はまだ知るべきではない」
「君にもいずれ分かる時が来るだろう」

・真相を知っている人物が、こんなことを言って情報を出し惜しみしたせいで、主人公は苦労することになる。

「いいニュースと悪いニュースがある」
・「いいニュース」は、ほとんど気休めである。
・「悪いニュース」のデメリットの方がはるかに大きい。
・後から聞くニュースは、最初のニュースをネタとしたオチである。

「気のせいか」
・ほとんど気のせいではなく、何らかの事態が起こっている。

「胸騒ぎがする」
「このまま何ごとも起こらなければいいが」
・こんなことを言ったら、何も起きないわけがない。

「まだ遠くへは言っていないはずだ」
・悪党がこの台詞を言えば、相手は近くに潜んでいる。

「今夜あたりが峠です
・医者にこう言われた患者は翌朝には回復する。

「これでやっと終わったな」
「もうおしまいだ、何もかも」

・「いや、これからがはじまりなんだ!」と切り返される。

「なんだ、夢か……」
・夢ではなかった証拠がすぐ近くにある。

バトル

前哨戦

暗闇(もしくは茂みの中)に潜んでいる敵を銃で撃つ
・敵が逃げ去った後、撃った方は「手ごたえがあった」と言う。
・その言葉は、落ちている血痕によって裏づけられる。

エリート部隊
・偉そうにしている割には、実戦ではぜんぜん役に立たない。
・むしろ「はみ出し者」を集めた部隊の方がめざましい活躍をする。

新兵器・新戦士
・初登場時はすさまじい戦闘力を発揮するが、それ以降は従来並みの能力しか出さない。

戦闘の記録映像
・「誰が撮ってたんだ」「どうやってこんなアングルから撮ったんだ」というものが多い。

工場でのバトル
・戦闘員の何人かは機械にはさまれて死ぬ。

敵に操られている味方キャラ
・自分の意志で行動している場合よりも、大幅に戦闘力がアップしている。
・黒目からハイライトや瞳孔が消えている。

作戦
・話中でこと細かに説明した場合は、実行すると必ずボロが出る。
・さらっと説明を飛ばすと成功する。
・成功率は事前に算出された予測数値に反比例する。

口封じ
・ヒーローが屋外で暗殺者を捕え、「言え! 誰に頼まれた!?」などと締め上げていると、どこからか矢(or銃弾、レーザー)が飛んできて、そいつを殺してしまう。

飛び道具を持たない主人公vs銃を持った敵
・前者の勝ち。

倒したと思ったらまだ生きていた敵
・すぐに主人公たちがとどめを刺すが、1人が流れ弾を受けて致命傷を負って死ぬ。

普段目立たないサブキャラ
・突然見せ場が回ってくると、その回の最後に死ぬ。


重要なサブキャラ
・死ぬ前に長々と遺言を残す。

結婚・婚約
・戦いが終わる前にすると、どちらかが死ぬ。
・結婚して数日後に男が死んだ場合、女は妊娠している。


戦闘中の会話

「ケッ、ただのコケおどしに決まってる!」
・こう言って相手に襲いかかると、間違いなく返り討ちにあう

「これだけは二度と使うまいと思っていたのだが」
・こういう技やアイテムは必ず使用される。

「今日のところはあいさつ代わりだ」
・初登場した強敵は、こう言い残して、劣勢の主人公にとどめを刺さずに去ってゆく。

「奴はよほどバカなのか、それとも……?」
・「それとも」に続く部分が正解である。

「そこだ!」
・隠れている敵にこう言いながら飛び道具を放つと、相手は隠れ場所から飛び出してきて、「ふふふ、よくぞ見破った」と言う。

「ここは俺たちにまかせて先に行け!」
・主人公は大ボスと1対1で対決しなくてはならなくなる。

「やったか!?」
・こう叫んだ場合、とどめを刺せていない。
・相手は爆煙の中から無傷な姿を見せる。

「ふふふ……少しは楽しめそうだな」
「どうやら貴様を甘く見ていたようだ」
「そろそろ本気を出すとするか」

・主人公がピンチに陥る前触れ。

「じわじわと苦しみながら死ぬがいい」
「冥土の土産に教えてやろう」

・こんなことを言ってとどめを刺すのを遅らせると、必ず逆転される。

「今こそ俺たちの力をひとつに合わせるんだ!」
・主人公たちのグループがこんなことを言っている間、敵は攻撃の手を休めてくれている。

「バ、バカな!?」
「な、何ぃ!?」

・狼狽してこう叫んでしまうと敗北する。

「これで勝ったと思うなよ」
・こう言えばとりあえず逃げられる。


バトルの果てに

コンクリートの壁に激しく叩きつけられる
・壁が崩れるか、凹レンズ状にくぼむかするが、人体はつぶれない。

刀(or剣)による決闘
・負けて手から放れて空中高く舞い上がった剣(または刀)は、くるくる回転し、100%地面に突き刺さる(しかもカメラ目前でアップになる)。

ルール無用の格闘技戦
・しかし、金的蹴りや目潰しなどのえげつない技はめったに使われない。

電撃
・最大の絶縁体、空気を簡単に貫く。
・真水は良質の伝導体である。

激しい攻撃で服が破れる
・股間だけは最後まで破れない。

光線技
・敵味方ともに持っていた場合、正面衝突して押し合いになる。
・力の強い側の光線が押し切る。力が同等の場合、爆発が起きて両者ともに吹っ飛ぶ。

パワーアップ用アイテム
・「絶対にこの制限を超えて使ってはいけない」と釘を刺されたアイテムは、制限を超えて初めて役に立つ。

分身の術の見破り方
・昔:心眼を使って本物を見つけ、攻撃する。
・今:分身している敵を全部攻撃する。

必殺技
・早い段階で登場した必殺技はいずれ破られる。
・その必殺技が破られると、近いうちに新必殺技を習得する(多くの場合、それは「奥義」)。
・ラスボスに必殺技を使うと、一回目はまず決まらない。その後「真の力を出し切る」ことによって決まる。

最強最後
・こういうふれこみで敵が用意した兵器や怪人は、意外なほどあっさり主人公に敗れる。

逆転
・大ボスとの戦いの最中に意識が薄れた主人公は、仲間たちの顔と声が思い浮かび、意識を取り戻すと同時にパワーアップする。
・大ボスはその間、とどめを刺さずに待っており、立ち上がった主人公を見て「バカな! まだどこにこんな力が!?」と驚く。

絶体絶命の状況で放ったにもかかわらず敵にかわされた攻撃
・実は別のもの(背後の壁など)を狙っていた。

決闘の終わり
・先にがくりと膝をついた方が勝ち、にやりと笑った方が負け。