シュレディンガーのチョコパフェ
作者による解説ページ

 ハヤカワ文庫 720円+税
 2008年1月初旬発売
 この本は2006年に発売された短編集『まだ見ぬ冬の悲しみも』(早川書房)に、短編「七パーセントのテンムー」を加えて改題、文庫化したものです。


「シュレディンガーのチョコパフェ」
 ある土曜日の午後。マニア街で恋人とデートをしていた俺だが、不安に苛まれていて、素直に楽しめない。その不安とは、旧友の天才科学者・溝呂木が、“夢事象理論”に基づいて世界を破壊しようと企んでいるのではないかということだった……。
 この作品のヒントは、ずっと昔、友人が口にした「夢の中では別の物理法則が働いてるんじゃないか」という言葉だった。夢の中の物理法則ってどんなものだろう……と考えているうちに出来上がったのが、作中に出てくるウィンクラーの夢事象理論である。完全に僕の創作なので、検索してもひっかからないよ(笑)。
 亜夢界の物理法則についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの設定解説をどうぞ。

 亜夢界へようこそ(注意:作品のネタバレを含みます)

 マニアの日常会話と並行して語られる宇宙の危機、世界を滅ぼす装置がいともお手軽にできてしまうところなど、「大バカな設定を真面目に語る」「ギャグにくるんでシリアスなテーマを描く」という、僕の最も好きな傾向の作品。個人的にはこの短編集の中のベストワン。
 初出は同人誌『星群ノベルズ10 エデンの産声』(1985年)。この短編は翌年の日本ファンジン大賞創作部門を受賞した。
『SFマガジン』2005年2月号に載せるため、約20年ぶりに書き直したわけだが、プロットはほとんど変わっていない。細部の描写をちょこちょこ手直ししたり、チョコパフェに関するうんちくを増やしたり、夢事象理論に関する解説が少し詳しくなった程度である。
 劇的に変わったのが、全編に飛び交うマニアネタ。主人公たちがオタク(当時はこの言葉はまだ一般的ではなかったが)のカップルという設定はそのまんまであるが、20年前は『マクロス』とかの時代だったので、「おかしいね、涙が止まりませんよ」などという台詞があった。それを全面的に入れ替え、『カレイドスター』とか『ゾイド』とか『リリカルなのは』とかピンキーストリートとかの旬のネタを好き勝手にブチこんだ。もっとも、メインになってる『ウルトラQ』ネタとか、「いっしょに絵を描いてくれないか」「岸田森が出てた」といったギャグは、同人誌版のを流用してるんだけど。
 オタクであることは現実逃避ではない。むしろこの時代を肯定し、現実を愛することなのだ――というコンセプトは、昔とまったく変わっていない。
 うーん、これはほら、時代がようやくこの小説に追いついたってことだ(笑)。
 あと、これを書いた頃はまだ独身で、妻ともめぐりあっていなかったもので、主人公とヒロインとのエピソードもほとんど創作だったのだが、今回は実体験もいろいろ盛りこんだ。誕生日にバーサークフューラーを買ってもらったというのも実話である。考えてみりゃ、小説の中で描いたような恋人と本当に結婚できたわけだから、むちゃくちゃ幸せじゃないのか、自分?
 どうでもいいけど、同人誌版を読み直していて、「どうせあと二〇年もすれば世界は滅びてしまうさ」という台詞を見つけた時には、「滅びてねーじゃん!」と笑ったもんである。
「奥歯のスイッチを入れろ」
 事故で重傷を負った僕は、開発中のSSS(ソニック・スピード・ソルジャー)のボディに精神を移植される。強靭な金属のボディを持ち、加速モードでは通常の人間の400倍の速度で思考し、音速で動けるアンドロイドだ。しかし、巨大テロ組織MCSの創り出したSSSが研究所を襲撃、僕は愛する人を守るため、まだ試したことのない加速モードを実戦で使用する。
 風忍「超高速の香織」というマンガをご存知だろうか。加速剤の実験をしていて、時間感覚が通常の数百倍になった女性科学者が、あと数秒でビルにジェット機が激突することに気づき、幼い我が子を連れて脱出を図るという話だ。ちなみに原作を書いた後藤俊夫は僕の同人誌時代の知り合いである。
 加速剤とか加速装置といったアイテムはSFの世界にしばしば登場するが、その描写はウェルズの「新加速剤」の頃からほとんど進歩していなかった。多くの作品では、加速された時間の中でも、人間はごく普通に歩いたり走ったりできることになっていた。だから、重力や慣性、空気抵抗の影響などをシミュレートした「超高速の香織」は、きわめて画期的な作品だったのである。
 ただ、僕としては「超高速の香織」にいくつか不満があって、このアイデアはもっと違う描き方ができるのではないかとずっと思っていた。そこで設定を根本的に変えて、まったく別の話にしてみた。
 加速剤という設定は科学的な理屈がつけにくいので、人間の記憶を移植されたアンドロイドということにした。また、「超高速の香織」がタイムリミット内での脱出サスペンスだったのに対し、同じく超高速で動けるアンドロイドとのバトルということにした。こっちの方が燃えるに決まってるから。結果的に『サイボーグ009』『エイトマン』『600万ドルの男』をごっちゃにした設定が出来上がった。
 実はもうひとつ、あるマンガの設定をパロディとして忍びこませてある。編集さんに「MCSとは何の略ですか?」と訊ねられて困った。パロディの元ネタをいちいち解説するのも無粋なので、「別に意味はありません」とごまかしたのが……ま、分かる人だけ笑っていただきたい(ヒント:「MCSは世界の通貨の八〇分の一を動かせると豪語している」)。
 ただし、話自体はパロディではなく、シリアス。報われない愛のために我が身を犠牲にして戦う主人公は、自分ではけっこうかっこいいと思っている。「誰がために」を口ずさみながらお読みください(笑)。
 この短編集のための書き下ろし。
「バイオシップ・ハンター」
 古代種族が創造した生体宇宙船バイオシップと、それに乗って宇宙を飛び回るトカゲ型異星人イ・ムロッフ族。謎のバイオシップによる襲撃事件が続発し、人類にイ・ムロッフ族への不信感が広がる。ジャーナリストの俺は、バイオシップに同乗し、イ・ムロッフ族とともに正体不明のバイオシップを追跡する。
 SFによく出てくる「生きた宇宙船」を題材にした話。もっとも、バイオシップの生態よりも、イ・ムロッフの思想やライフスタイルの方がメインである。昔から恐竜や爬虫類が好きなもんで、トカゲ型異星人は出してみたかったのである。
 初出は『SFアドベンチャー』1990年5月号。発表した後、タイトルは「ハンター」より「チェイサー」の方が良かったかと思ったが、今さらタイトルを変えるのも変なので、そのままにしてある。
「メデューサの呪文」
 惑星アルハムデュリラーの知的生物インチワームは、「詩人と話がしたい」と言ってきた。宇宙戦艦で唯一の詩人である僕は、上官の命令で会見の場に出向く。インチワームは僕に、自分たちの「言語文明」の秘密を明かすのだった。
 たった8行の詩のせいで地球が滅びかけるという大バカなホラ話だが、それをあくまで大真面目に描ききることに全力を傾けた。主人公が初めてインチワームの詩を耳にするシーンなど、やっぱり僕はC・L・ムーアが好きなんだなあと、つくづく思う。
 言語文明というアイデアは、ミームの概念をこねくり回しているうちに生まれた。進んだ文明は遺伝子よりミームを重視するんじゃないかと思ったのである。
 初出は『SFマガジン』2005年5月号。2005年度の『SFマガジン』読者賞を受賞。

「まだ見ぬ冬の悲しみも」
 CHLIDEX(時間的同一性交換)実験で半年前にタイムトラベルした俺が目にしたのは、生物が死に絶えた荒廃した世界だった。いったい実験のどこが間違っていたのか? 死ぬ前に真相を解き明かそうと、俺は記憶をたどる……。
 これまた結末で「んなアホな」と言いたくなる話。タイムトラベルについて考えているうちに、ふと浮かんだアイデアである。
 実はこれ、20年近く前、同人誌『星群』時代に一度書いたのだが、ボツになったもの。改稿するにあたって、プロットやキャラクターの設定など、全面的に変更した。
 たとえば元の話では、主人公も〈俺〉も善意の人物という設定で、殺人事件も起きなかった。だが、まったく救いのない話だけに、読者に感情移入させてはまずいと思い、逆に主人公たちを徹底して嫌な人物、読者が感情移入できないキャラクターとして描くことにした。もっとも、核となるアイデアや、CHLIDEXの原理、〈俺〉の存在、ブロンズの少女像と碑文といった断片的なモチーフは、昔のままである。
 初出は『SFマガジン』2005年9月号。
「七パーセントのテンムー」
 作家である私の同棲相手は、13歳歳下の青年・瞬。その彼がI因子欠落者と判定された。成人の7パーセントを占めると言われるテンムー。彼の私に対する愛は偽りだったのか。私は瞬を愛するがゆえに悩む。
 以前、『神は沈黙せず』を書いた際、作中に「無敵くん」というプログラムを登場させた。そのアイデアを何か別の形でもう一度使えないか……と考えていたところへ、トール・ノーレットランダーシュ『ユーザーイリュージョン』(紀伊國屋書店)という本を読み、I因子欠落者というアイデアを思いついた。もちろん、本に書かれている事実をそのまま書いてもSFにならないので、僕流のアレンジを加えている。
『ユーザーイリュージョン』は『MM9』のネタ本でもある。他にもSFに使えるアイデアがいろいろ詰まっていて、エキサイティングな内容だった。脳や意識というものについて考えてみたい方におすすめする。

「七パーセント」という数字は、けっこう悩んだ。人口の20パーセントぐらいだと、当たり前だとしてあっさり受け入れられてしまいそうだし、1パーセント以下だと、珍しい症例という感じがして一般性がなくなってしまうし……と考えた末、「七パーセント」に落ち着いた。
 作中に登場するI因子欠落者(とヒロインが疑っている人物)たちの言動は、言うまでもなく、僕が実際に出会ったりネットで読んだりした例をヒントにしている。だが、それを否定したままで終わりたくなかった。解説の前島賢氏も書いているが、「異質なものを許容しなくてはならない」というのが僕の信念だからである。
 だからハッピーエンドにすることは決まっていたが、問題はどういう結論に着地させるかだ。ヒロインがI因子欠落者への偏見をどのように克服するか、さんざん悩んだ末に、こういう結末になった。小ネタではあるものの、幕切れがさわやかで、個人的に気に入っている話である。
 初出は『SFマガジン』2007年4月号
「闇からの衝動」
 1930年代アメリカ。作家を志すヘンリー・カットナー青年は、敬愛するヒロイック・ファンタジー作家ロバート・E・ハワードの自殺の真相を解き明かすため、あこがれの女流作家キャサリン・L・ムーアの家を訪問する。その秘密はキャサリンの少女時代の事件に隠されていた……。
 初出は『ログアウト』1995年6月号。〈ゴースト・ハンター〉シリーズの書き下ろしを依頼されたものの、いいネタが浮かばず、以前から温めていたネタを強引にやってしまったもの。
 C・L・ムーアは僕の大好きな作家の一人。この話は彼女が主人公であると同時に、全体が「シャンブロウ」「黒い渇き」「暗黒神のくちづけ」などのモチーフをちりばめたオマージュになっており、文体もムーアを真似ている。カットナーの「セイレムの恐怖」とかも読んでおくとさらに楽しめるんだけど、そこまで無理は言いません(笑)。
 ストーリー的にはかなり難があるんだけど、個人的には思い入れの深い作品。

 今回、文庫化されるにあたって、巻末に前島賢氏の解説「SFとオタクに必要なものの半分くらいは、山本弘に教わった」が収録された。これが実に熱い文章で、『サイバーナイト』『妖魔夜行』『サーラの冒険』さらには『ソード・ワールドRPGリプレイ』にまできっちり言及されていて、読みながらすっかり嬉しくなってしまった。すみません、僕も一瞬、「私には君たちの幸福を定義する権利などない」という台詞、「バイオシップ・ハンター」からの引用だと錯覚しました(笑)。
 これまで書かれた中で最も的確な山本弘論。前島さん、ありがとうございます。

 橋本晋氏のカバーイラストにも注目! よく見ると「奥歯のスイッチを入れろ」のSSS、「メデューサの呪文」のインチワーム、「まだ見ぬ冬の悲しみも」のナイフ、「闇からの衝動」の触手生物などがちりばめられているのである。
 作中で言及されている『アメージング・ストーリーズ』1931年9月号の表紙。ムーアはこれを見て、「この世界に飛びこみたいという耐えがたい衝動」にとらわれたと言われている。
 同じく『アメージング・ストーリーズ』1931年11月号の表紙。こっちの方が「シャンブロウ」のイメージの原形ではないかと思えるのだが……?
「暗黒神のくちづけ」が掲載された『ウィアード・テールズ』1934年10月号の表紙。マーガレット・ブランデージの描くジレル。
 これはネットで拾ってきた画像ではなく、僕の所有している実物である。
 ムーアとはぜんぜん関係ないんだけど、クトゥルフ神話ファンにはちょっとショックな画像を。
 上の『ウィアード』34年10月号に掲載されているクラーク・アシュトン・スミス「七つの呪い」の挿絵。作者の自筆によるツァトゥグァである。
 ええー、ツァトゥグァってこんな顔〜!?
 でも、しょうがないじゃん。これがC・A・スミス自身のイメージだってんだから。それにしても……うーん。



もどる