黒い夢魔に取り憑かれた少女。夢魔は普段は非実体で、彼女の意識化の欲望に反応して実体化する。最初の頃はよく暴走したが、しだいにコントロールが可能になり、「悪魔がささやく」以降、夢魔を鎧としてまとえるようになる。
 年齢は初登場の「真夜中の翼」(1993年)では16歳。『戦慄のミレニアム』(2000年)では19歳……細かいことは気にするな(笑)。
 ヘルメットを取ったところ。翼はビニール製で、針金が入っているので自由に曲げられます。この写真では翼の端が床に付いてますが、尻尾があるおかげで翼を広げた状態でも自立できます。もっとも、安定が悪いうえに、踵の部分が重量に耐えかねてへたってきます(笑)。 
 顔のアップ。造りはけっこうアバウトです。
完成までの試行錯誤の過程でボツった試作品の山。胸の部分も2回ほど造り直してます。ま、こういう努力もあるってことで……。
 鎧の造り方については、『山本弘のハマリもの』で書いたので省略。