マイナープラモ展示室
僕のこと覚えてる?


YAMATO2520

(バンダイ)
 シド・ミードのメカのキット化といえば、ターンAガンダムがすぐに思い浮かぶが、実はそれ以前にも、OVA版『YAMATO2520』のキットがバンダイから出ていたのである。1/1500スケールで1000円。
 もっとも、OVA自体が3巻出ただけで打ち切られてしまい、知名度は低い。このキットの存在もあまり知られていないのではなかろうか。

おやこマシン
グラビスCR3
 (アオシマ)
『亜空大作戦スラングル』のメカ。「みっしょん、あうたーすぺーす」って、何でいまだに主題歌歌えるんだ、自分(笑)。どうでもいいけど、『キディ・グレイド』のED見てると『スラングル』を連想しちゃいます。
 これは「おやこマシン」で、大・中・小のグラビスがマトリョーシカのごとく入れ子になっている。もちろんアニメの設定にそんなものはない。さらには「宇宙怪獣ウグオラー」(下)まで付いているのだ!
 何なんだウグオラー!? こんなの本編に出てきたっけ?

サイコアーマーゴーバリアン
ガロム

(日東)
『サイコアーマーゴーバリアン』の主人公側の3体のメカの中でいちばん地味なやつである。
 しかし、バカにしてはいけない。このキット、さすが日東だけあって、技術的には当時(83年)のガンプラを凌いでいた。関節にはポリキャップ使用、股を開いてつま先をハの字に開いて立つことができたし、頭部は球体関節で360度回る!
 もっとも、動力パイプで頭と胴を接続するので、完成すると動かなくなっちゃうんだが(笑)。
 しかし、このキットの最大の悲劇は『ゴーバリアン』だったということだろうなあ……。
 ご覧のように、肘は不完全ながら二重関節で、ポリストッパー(ポリキャップ)を使用。素晴らしい! でも『ゴーバリアン』……。

それゆけゼンマイくん
ドル・アーミー
(童友社)
 ええっと、『獣神ライガー』の敵幹部なんだけど、覚えてる人います? いや、僕もすっかり忘れてたんだけどさ。
 このシリーズ、SD風にディフォルメされた『ライガー』のキャラが、ゼンマイ内蔵でとことこ歩くというもの。パーツの合いが悪く、苦労させられた。

ミニユニパズル
アームアイアン
 (童友社)
 こんな名前だが、実は『冒険ロックバット』のブレイザーの「まがい転生」(はぬまあん)である。うっかり青く塗ってしまったが、よく考えてみると、ブレイザーって赤だよなあ……。『ロックバット』の頃、まだうちのテレビはモノクロだったので、僕はカラーのブレイザーというものを一度も見たことがないのであった。
 この「ミニユニパズル」シリーズでは、他にも電人ザボーガーのバイク形態が「グレートマシーン」、ストロングザボーガーが「スーパーグレイス」なんて名前にされてしまっている。