第11回日本トンデモ本大賞受賞作

天野仁
忍者のラビリンス

創土社/2001年11月12日発行/1900円+税

 著者は京都大学博士課程修了、理学博士、国際地球環境大学(ニューヨーク)教授で、専攻は理論物理学だそうである。
 もっとも、どちらかというと精神世界系の人らしく、『宇宙の存在に癒される生き方』(徳間書店)、『聖書の科学』(PHP研究所)といった著書がある。
 さて、理論物理学者が書いた忍者の本とは、いったいどんなものなのか。
 いきなり第一章の「東京で『くの一』と話をする」でぶったまげる。著者は現代の東京で「くの一」と遭遇したのだそうだ。

 忍者の本なのに、なぜか高田馬場から話がはじまる。
 東京は新宿のすぐ近くに、高田馬場というところがある。高田馬場駅北口を出たところに、大型書店の入っているビルがあり、その二階にはちょっとした食堂がいくつかある。そのひとつに「たこじゅう」という名のお好み焼きたこ焼きの店がある。
 一九九七年の、ある冬の日。なぜかひどく暑い日であった。
 著者は、いつしか二人の女性と店内の一角で声をひそめて話をしていた。ひそめてというより、れいの忍者が使う話し方で、普通の人にはわからない。
「貴女たち、忍者でしょう。貴女たちが“くの一”でなかったら、この世に忍者なんていないことになってしまうよ」
 本当は、そんなことを、普通の人が普通の人に対して言うものでは
ない。

 僕もそう思います(笑)。

 いくら当方が本当に忍者であっても、本来忍者同士がそんなふうなもの言いをするものではないのは当然のことである。

 えっ、ということは著者も忍者?
 これが言葉のアヤやジョークでないことは、しだいに分かってくる。著者は本当に自分が忍者だと思っているのだ。

 忍者のことをまったく知らない人が、この本を手にしているとも思えないが、念のため書きそえよう。「女」という字を、いちいち字画に分解すると、「く」「ノ」「一」であって、つまり「くの一」とは「女忍者」のことである。

 これは誤り。「くの一の術」というのは本来、女を諜報工作などに利用することであり、女忍者のことではない(そもそも歴史上、女忍者などというものは実在したのだろうか?)。この他にも、著者の忍者に関する知識には、怪しい部分がいくつもある。
 それにしても、どうして著者は、その2人の女性が忍者だと分かったのか。

 くの一のひとりは、忍者の里の敢国神社の祭礼の日に黒装束を身につける資格のある筈の女性に見えた。(後略)

 見えただけかい!?(笑)

 (前略)著者の脳裏に、安土・桃山のころ伊賀の山里で立ちはたらく彼女の日常が去来した。

 勝手に脳裏に去来されても困ります。

「おじいちゃんが言ってました。うちの先祖は楠木氏ですって」
(中略)
 著者にひらめくものあり。(楠木氏は伊賀の服部氏とつながっているのだ。やはり、この人はまぎれもなく黒装束のそれなのだ。第一、そうでなければ、こういう会話のできる筈もない。そうか、楠木氏だったのか)

 勝手に納得しないでいただきたい。
 しかし、まだこれは序の口だった。

 もうひとりの女性は芸術家で、新宿で個展をひらくために来ていた外国人であった。
 普通の人には絶対わからないであろうけれども、著者の目からすれば、その目配りといい、身のこなしといい、明らかに忍者のそれであった。
 忍者は日本人だけとはかぎらないのだ。念のため。

 世界忍者!? ジライヤか!? フクロウ男爵とかロケットマンとかがいるのか!?
 それにしても、ひと目で見破られてしまうようでは、忍者としては失格だと思うのだが。

 さらにつけ加えるならば、外国人と日本人とに、高等生命体として、どういう本質的な差がありえよう。
 しかし、待てしばし。直感的にまたひらめくものあり(他の星の高等生命体とのあいだにも、どれほどの差異があるのか)。

 よくひらめく人である。

 伊賀ですか甲賀ですかなどとは質問しなかった。
「どちらの星からですか」
 に対して、彼女は、
「オリオンからです」
 と予期した通りに答えてくれた。
 忍者は地球人だけとはかぎらないのだ。再び、念のため。

 宇宙忍者!? バルタン星人か、それともジャカンジャ?

 彼女は、著者に対して、挑むような、それでいて好意いっぱいのまなざしを向けて、「あなたはプレアデスからではありませんか」
 と言い放った。

 なんかすげーファンタスティックな会話をしてますな、高田馬場の「たこじゅう」で(笑)。
 ちなみに、このページにはこんな図が載っている。(物理学者キップ・S・ソーンの著書に載っている図に手を加えたもの)

 プレアデスから高田馬場!(笑)
 このイメージの落差にガーンとくる。普通は「プレアデス→地球」とか「プレアデス→太陽系」だろう。いきなり高田馬場……。

 著者は、別れるときに、つと立ってオリオンくの一のそばへよった。
 はじめは手を握りあうつもりでいたが、気がつくとしっかり立ったまま彼女と抱きあっていた。
 こういうとき、物事に動じてはいけない筈の忍者でありながら、身も心も一瞬シンクロナイズしてしまった。

 まあ、オリオンから来た女忍者とたこ焼き屋で抱き合うというのは、めったにない体験ではありますが(笑)。

 彼女たちへの公平さのためもあって、しっかり書いておくならば、もうひとりの伊賀くの一の心も身体も、まったく同じようになっていることを私たちは実感しあったのだ。
 これは、解説して言えば“気”というものの共鳴と一体化である。

 はあ、そうですか。
 店の中でこんなことをやっていて、他の客はどう思ったのかと疑問に思うが、著者によれば「衆人環視の中ではあったが、忍者同士のやることだから、普通の人には何がおこっているかわかるわけがない」のだそうだ。何が起こってるか分からないかもしれないが、変には思われるだろうな……。

 そういうふうに一体化したまま、
「僕は、すぐに忍者の本を書くことにします。今日のこの出会いで、もう本はできてしまったようなものです」
 と著者は言ってしまっていた。

 というわけで、生まれたのがこの本、というわけだ。
 こう書いてくると、これはユーモア小説なのか、本全体がジョークなのかと思いたくなる。しかし、著者はこう断言している。

 本書を手に取られた読者諸氏よ!
 のっけからこの調子だからといって、ふざけた本だと考えないでいただきたい。
 それは、まったくの“早呑み込み”というものである。
 著者としては、大真面目でやるだけのことはやるつもりである。

 では、その大真面目にやるだけのことはやった本の内容とはどういうものか。
 一例として「クノッソスの宮殿と忍者」という項を読んでみよう。なんと著者は、古代クレタ文明と忍者の関係を論じるのだ!

 一体なんという取り合わせかとの声が聞こえてきそうに思わないわけではない。
 しかし読者諸氏よ、そこには、じっくり検討してみるだけの関係がたしかに存在しているのである。

 まず著者が挙げるのが、有名なクノッソス宮殿の遺跡、いわゆる迷宮(ラビリンス)である。これは「大がかりの欧風忍者屋敷」なのだそうだ。
 次に著者は、ギリシア神話の有名なエピソードのひとつ、英雄テーセウスのミノタウロス退治を、なぜか岩見重太郎の狒々(ひひ)退治と比較する。そして、

・岩見重太郎は迷路(忍者屋敷)に入らなかった。
・テーセウスが人身御供に混じってクレタに渡ったのは、計略(はかりごと)であり、忍者らしい。
・王女アリアドネがテーセウスに恋して彼を助けたのは、くの一の術の変型パターンと解釈される。

 という3点を根拠に、テーセウスは忍者だと論じるのだ。
 また、クノッソスで発掘された有名な「牛跳びの図」(若者が牛の背の上でとんぼ返りをしているところを描いた壁画)は、「やがて年をへてシルクロード経由で、はるばる日本までやってきた忍法の基本的体術の一つであったに違いない」と断定する。
 この他にも、著者が忍術のルーツと考えるものには、次のようなものがある。古代エジプトの魔術やアクロバット、ローマの幻術、インド舞踊、中国の雑技・仙術……。
 こういうものがシルクロード経由で日本に伝わり、忍術になったというのだ。だから日本以外に忍者がいてもおかしくないというわけである。
 伝説の人物や歴史上の人物の中にも、忍者がいるという。モーゼが海を二つに割ったのは、エジプトの魔術(忍術)を学んだからだ。役小角、安部晴明、果心居士、楠木正成も忍者だったのである。能楽も忍法であり、世阿弥の著した『風姿花伝』は忍法秘伝書なのである。
 どうも著者の言う「忍法」の定義はむちゃくちゃ広いように思える。

 理論物理学者である著者は、この本の中で一貫して、忍法を「科学的に考える」と主張している。しかし、著者の論じる忍者は、どう見ても科学的ではないし歴史的に正しくもない。
 白土三平の『サスケ』に出てくる忍術のトリック解説を、著者は「あまりにも常識的すぎて理科的である」「こういう常識的な推論で、忍者は姿を消すのではない」と否定する。
 有名な忍法秘伝書『万川集海』に書かれた、リアルな忍者の実像にしても、「期待はずれもはなはだしい」と一蹴する。「忍者がまったく忍者らしくない」というのだ。
 では著者の考える忍者とはどういうものかというと、早い話が、昔の立川文庫や忍者映画のイメージ、印を結んでドロンドロンと姿を消す、荒唐無稽な力を持つ超人なのである。
忍者は超能力者である」と著者は断言する。忍法と呼ばれているものは、テレパシー、サイコキネシス、テレポーテーションだというのだ。

 (前略)なんらかの方法で、忍者は本当に隠れてしまうというか、消えてしまわなければいけないのだ。
 それでは、真に「科学的に考える」とは、どういうことか。それは、「現代の最先端の科学理論を使えば」ということであるから、まさしく、「超常現象的」説明によらざるをえない。つまり、常識を超える説明である。

 科学理論で説明できるなら「超常現象」ではないと思うが。
 著者は「宇宙万物統一理論」「万物生気体論」なるものを唱えている。これは「超弦理論にもとずく統一理論」なのだそうだ(本当にそんなものができたらノーベル物理学賞は確実である)。この理論を用いれば忍法が科学的に説明できるという。
 もっとも、説明を読むかぎりでは、「万物生気体論」なるものは、サイ粒子がどうこうという典型的なトンデモ理論であり、それが超弦理論とどう関係しているのかさっぱり分からないし、それでどうして忍法が説明できるのかも分からない。

 現代の理論物理学とか宇宙論とかは、専門家以外の人にとっては、信じられないほどの超常現象になってしまっている。それをやっている著者にしたところで、SFや神話伝説・幽霊話や幻術の世界と、科学の最前線の話と、どこがどう違うのかわからなくなる程である。
 大雑把に考えると、つまりは次のようになってしまうのかと思いたくなる。
「神話・伝説もきっと本当にあったことなんだ」「幽霊も絶対にいることになるんだわ」「SFも全部実現してしまう」「人間の考えることは、結局のところ、全部この宇宙でありうることばかりなのか」
 ここまで書けば、幻術・忍術も、こういう常識的に不可能なと考えられることの一切合財が、全部本当にありうることだとなってしまいそうである。

 要約すると、「理論物理学は超常現象である」「忍法は超常現象である」「だから忍法は可能である」という、恐るべき三段論法なのだ。
 どうやって人間の意志の力でテレポーテーションができるのか、ぜひ詳しい原理を知りたいところだが、著者は、

 つまり、忍法の詳細をわざわざ理論物理学的に解説する必要は、もはや原理的にはないということになってしまう。

 と言って、解説を省略してしまう!

 繰り返しになるが、著者の頭の中にある忍者とは、近代になって小説や映画によって創造されたイメージにすぎない。その架空の姿を正しい忍者の姿だと思いこみ、それに合わせるため、歴史的資料も現実的な解釈もことごとく否定してしまうのだ。
 確かにトンデモ本大賞にふさわしい本と言えよう。
 それにしても、最初に出てきた、「オリオンからです」と答えた外国人女性はいったい何者だったのか? 気になるなあ。

 ところで、著者が教授をしているという「国際地球環境大学(IEEU)」というのはどんな大学なのか、ちょっと検索してみて仰天した。
 名誉総長が小牧久時博士!(『トンデモ本の世界』参照)
 共同創立者がメガビタミン理論のライナス・ポーリング!
 関英男博士まで!(『トンデモ本の世界』参照)
 うわあ……(絶句)。
 他にも「国際地球環境大学」で検索すると、あやしげな人脈、あやしげなエコロジー商品、あやしげな健康法(トルマリンとかマイナスイオンとか)がいっぱいヒットする。この本の著者の天野仁氏も、波動測定器波動転写機を売っているエイエムシイという会社の顧問をしているらしい。
 だいたい「米国法人」でニューヨークに本校があるはずなのに、教授が日本人ばかりで、事務局が名古屋にあるってどういうこと? アメリカのYahoo!で「Komaki Hisatoki」「International Earth Environment University 」で検索しても、サイトがヒットしないし……。
 あやしい。あやしすぎである。