『翼を持つ少女』登場作品リンク集
BB部の本棚
『BISビブリオバトル部』埋火家のSFコレクション

『幽霊なんて怖くない』登場作品リンク集
『BISビブリオバトル部』埋火家のSFコレクション その2
 これは日本で初めて、本格的にビブリオバトルを扱った小説です。中高一貫のインターナショナル・スクールBISに入学したSF好きの少女・伏木空が、ビブリオバトルを通して人と出会い、成長してゆく物語です。

 すでにご存じの方もおられるでしょうが、ビブリオバトルとは立命館大学情報理工学部の谷口忠大先生が二〇〇七年に考案したゲームです。読書好きの人間がそれぞれ好きな本を持ち寄り、五分間でその魅力をアピール。その中から「最も読みたいと思った本」を基準に投票を行ない、チャンプ本を決定します。
 この世には面白い本がいっぱいあります。でも、そのすべてにスポットが当たるわけではありません。せっかくいい内容の本なのに、評論家に注目されず、メディアでも取り上げらず、ひっそりと忘れ去られてゆくものがたくさんあります。
 ベストセラーでなくてもいい。世間的な評価が低くてもかまわない。自分にとってこの本は最高に刺激的──そんな本を教え合い、知ることができるのが、ビブリオバトルの魅力です。
 すでに日本各地の学校や図書館、地域コミュニティでビブリオバトルが行なわれており、高校生や大学生の全国大会も開かれています。これからますます広がってゆくものと期待されます。
 この小説のヒントになったのは、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫)や、野村美月『文学少女』シリーズ(ファミ通文庫)です。あれのSF版みたいなものを書けないかと、以前から考えていました。僕は昔からSFが大好きな人間で、SFの面白さをもっと世間に広めたいと思っていました。そこでSFの好きな少女にビブリオバトルをやらせ、SFの魅力を思う存分語らせようと思いついたわけです。
 もちろん見せ場はビブリオバトルのシーン。登場する本はすべて実在のものです。
 シリーズ第一作である『翼を持つ少女』では、作中で行なわれるビブリオバトルは三回。計一五冊の本が紹介されます。どれも僕が実際に読んで、面白いと思った本ばかりです。ヒロインの空は、エドモンド・ハミルトンの短編集『反対進化』(創元SF文庫)と『フェッセンデンの宇宙』(河出文庫)でバトルに挑みます。
 他にも会話の中で様々な本に言及されます。空の得意分野であるSFはもちろん、ノンフィクション、科学解説書、図鑑本、マンガなどなど……。
 よく「こんなたくさん本を読むのは大変じゃないですか」と言われるんですが、実はこの作品を書くために読んだ本は、そんなに多くないんです。大半は以前に読んだことのある本です。言ってみれば、僕の本に対する愛がぎゅっと詰まったのがこの小説です。
 もちろんストーリーも、熱くて甘くておかしくて、ばりばりに青春しています。本が好きな方から、必ずや満足していただけると信じています。

トップページに戻る